驚愕!!! 沖縄生息のトゲオオハリアリのオスは交尾後、殺される確率はカマキリ以上!さらに、解体されても下半身だけで交尾を続けるってこわっ‼

交尾に成功したオスは100%死ぬ

2020年4月1日(水)、NHK Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ!」は”アリの地下世界 深掘りスペシャル!”で人間の男からすると非常におそろしいアリがいるということ。

交尾中のオスアリを解体する働きアリ

出典:NHK

カマキリのオスは交尾中に食べられるとよく聞きますが、全てのオスが食べられるとは限らないのすが、このアリはメスのアリが解体するのではなく、巣の中にいる働きアリたちが交尾中のオスを解体していくのです。

このアリは常識を覆すアリなのです。
<Sponserd Link>



トゲオオハリアリのアリとして特異なこと

羽化したどのアリでも女王アリになれる可能性があるのだが、

女王アリと働きアリのサイズの違いがなければ、何で区別されているの?

トゲオオハリアリの生息地は奄美大島~沖縄。

体長10mmで毒針で獲物を捕らえます。

このアリの常識外れなところは、巣に体の大きな女王アリがいないというところです。

女王アリ

出典:NHK

j女王アリと働きアリの形や大きさはほぼ同じなのですが、胸の羽が生える場所に違いがあります。

働きアリと女王アリ

出典:NHK

パッと見わかりませんが、胸のところをアップしていくと、女王アリだけに羽の痕跡器官(ゲマと言う)があるのです。

羽の痕跡器官

出典:NHK

働きアリと女王アリとの違い

出典:NHK

生まれたばかりの個体は全員ゲマを持っています。ということは、全ての個体が女王アリになる挑戦権を持っているということなのです。

では、なぜ、働きアリにはゲマがついていないのか?

働きアリのゲマがない謎を、世界初の観察によって解き明かすことに。

多くの働きアリが羽化したばかりを羽交い絞めして行うゲマ切りの儀式がありますが、せっかくなので、下記動画を見てもらうのがいいと思います。

 

又吉さん、このトゲオオハリアリの儀式に対して、人間社会には見られなくなった美しさがあるという意見を述べられました。

「昔って親の仕事を継ぐことが基本だった人付き合い苦手な人が、苦手って自覚することすらできなかったけど、今は自由だから、自分で向いてるか向いてないかわからんけど、とりあえず会社で色んな人と関わって暮らすってなった方が、ストレス抱えたり、一見自由なようで、なんでこんな人と接したくないのに接する機会が多いんやろ、生きていくってこんなにしんどいんかなと思っている人はこういう(アリの)社会の方が何の疑問を持たずにやるべきことをこなすという美しさもありますよね」と。

<Sponserd Link>



衝撃的なオスアリの死に方

アリソムリエの部屋のコーナーで、島田拓さんがゲオオハリアリのオスについての話をしてくれましたが、それがまたおもしろい。

トゲオオハリアリのオスはかなり切ない、衝撃的な最期を迎えます。

トゲオオハリアリのオス

出典:NHK

次の画像はトゲオオハリアリが交尾しているところなのです。

トゲオオハリアリが交尾しているところ

出典:NHK

オスの腹部先端を見ると開いて、メスの腹部先端を包み込んでいる形で交尾をするのですが、自分の意志では取り外せなくなります。

交尾したまま巣の中に戻る

出典:NHK

交尾した状態のまま巣の中に戻ります。

周りの働きアリたちが気にして集まってきます。

1時間後、オスアリの首が切れています。

オスアリの頭が解体

出典:NHK

周りに集まってきた働きアリたちがオスアリを解体するのです。

 

トゲオオハリアリの女王についたオスアリの腹部

出典:NHK

長いときは20時間以上かけて解体されることもありますが、頭や胸が取れてもオスの腹部は動き続けて交尾は続いているんです。

カマキリも交尾中にオスが食べられるというので、実際観察してみると、交尾を終えたオスは逃げたりすることもあり、確実に食べられるわけではないんです。

トゲオオハリアリの場合、交尾に成功したオスは100%、こういった死に方をします。

解体が終わるまでが交尾行動なんです。
<Sponserd Link>



最期に

人間からはトゲオオハリアリのオスは悲惨な運命を辿るとなりますが、他のアリもそうですがほとんどのオスアリは交尾もできないで死んでしまうのです。

子孫を残すこともできないのです。

と言う意味で幸運なトゲオオハリアリのオスは全てこの死に方をするので、トゲオオハリアにとっては最高の死に方ということです。

又吉さんの言葉どおり、個体が自分のやりたいことがあって、それをやることが幸せとは言わず、自分たちの種を残していくために生まれて、死んでいくことが当たり前の幸せ(本当に幸せと思ってるかは?ですが)だということだということですよね。

人間は幸せを求めすぎることで、不幸になっているかもしれませんね。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK