関根勤ゆずりのずん飯尾・やすが妄想で怒りのピーク6秒後にはイライラの向こう側に離脱する技をタクシー運転手に講義。

ずん

2020年5月20日(水)、NHK Eテレ「芸人先生」の記念すべきシーズン3の第1回目の放送開始!

秋元真夏

出典:NHK

シーズン3から桜井玲香さんから同じ乃木坂46の秋元真夏さんがナレーターに。

しかも、ペコパよりも早く、わたし的には元祖、傷つけないツッコミのずんの飯尾さん、やすさんがシーズン3のトップバッターとして、タクシー運転手や無線オペレーターの悩みを解消する講座。

こういった芸人さんは本当に味がありますよね。

お二人のイライラの向こう側に離脱する技を紹介します。
<Sponserd Link>



ライトな現実逃避妄想で怒りのピーク6秒を過ごして

自戒してイライラを解消

飯尾さん、イライラの解消法というより生き方で教えてくれる関根勤さんのあるエピソードを例にして話して下さました。

オリンピックイヤーで、オリンピックが終わった後、関根さんの番組でオリンピック特集をやったときに、いつもは個人楽屋だった関根さんが大部屋楽屋にだったのです。

オリンピックで活躍したアスリートの方たちは個室でした。その時、関根さんはどのように解釈してクールダウンしたのでしょうか?

「次回の時は個室にしてもらえるようにアスリート風にふるまった」と答えたタクシー会社の女性もいましたが、

 

答えは関根さんは「なんでなんだよ」と相手にぶつけずに「あ~、俺の価値はまだまだなんだなぁ」「俺がマイケルジャクソンだったら個室だった」と言っていたのです。

自戒してイライラを解消することで、怒りの矛先を相手にぶつけず、自分に向け成長の糧にするのです。

飯尾さんは「野外で雑音がひどく、音も伝わりづらい場所でウケないとき。その帰りに関根さん、さんまさんだったらウケてんだろうなと思うときがあります」

そうやって考えれば、イライラの解消になります。
<Sponserd Link>



ライトな現実逃避

自戒も大切ですが、関根勤さんやずんの飯尾さんならやはりこれ、自分に都合のいい妄想ですよね。

女性に悩んだときなんかは平日昼間から

「ゴロゴロ~、ゴロゴロ~、街角曲がるたびに告白されねぇかな~」とか、しょっちゅう言ってました。

「ウィンク一つで手に入んねぇかな~、なんでも」とかね。

この世界で売れない頃は

「ゴロゴロ~、ゴロゴロ~、トムクルーズが親父だったらな~」とか、映画2,3本ぐらい親父の力で出れそうなのでと、ストレス発散してましたよね。

お金がないときは

「何でも10円で買えたらな~」と、一瞬のほぐしなんですけどね。

 

わたしたちは特にどんずべった日に、ちょっと先に自分のご褒美を思い浮かべることをやっています。

ブドウパンにハマっていて、家に帰ったらあのブドウパンが待っている、ブドウパンと牛乳を思いっきり食べるんだと。

やすさんが飯尾さんに「最近、太ってきたのはそのせい?」

飯尾さん「そう、最近太ってきている」「それだけスベってるから」「いやなこと思い出させないでよ」www

カリスマ営業コンサルタント和田裕美さん、現実逃避などをイメージすことはビジネスの現場ですごく大事なこと。お客さんの目の前でブドウパンを食べれるわけではないので、脳内で怒りのピーク6秒間を妄想で切り替えることで、怒りを抑えるというものすごく理にかなった方法で、対人関係を作るにはすばらしいと絶賛。
<Sponserd Link>



マイ人間図鑑に分類して

やすさんはいつもニコニコしているのですが、

それは、マイ人間図鑑を持っていて、いやなことをされても、「こういうタイプなんだな」と図鑑のページをめくることで、感情をコントロールしているからということ。

<
マイ人間図鑑で分類すると、状況を客観視でき、イライラを軽減できるみたいです。

カリスマ営業コンサルタント和田裕美さん、ビジネスの現場ではメタ認知と言い、第三者の目で客観視する能力を磨くことなんです。当然ビジネスに有効と。
<Sponserd Link>



最後に

そう言えば、浜辺美波美波さんが飯尾さんのネタを「全力脱力タイムズ!」で丸パクリしていて可愛かったことを思い出しました。

 

 現実逃避にはまっている浜辺さんがやってみますと「平日の昼間からゴロゴロ~、ゴロゴロ~、あ~あ~、くしゃみするたび鼻水じゃなくて石油でね~かな~」と。

浜辺さんもシレっとやってるように、深刻な状況を周りの人も含め少しでもほっこりさせるライト現実逃避はちょいちょいやるべきだと思いました。
<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK