サンドイッチマンの話術講座、心をつかむプレゼン術!第一弾は”つかみ”

心をつかむプレゼン術

NHK Eテレ「芸人先生」シーズン3の最終回はサンドイッチマンが話術をレクチャー。

サンドイッチマン流の”話術でガツンとつかむ”講座といった、非常に興味あるテーマが2020年8月18日(火)に放送されました。

心をつかむプレゼン術、伊達

出典:NHK

プレゼンが苦手というバーガーキングの社員の方にサンドイッチマンが興味を引く話し方をアドバイス。

今、全てのネタで、すぐ本題に入り、笑いを取るサンドウィッチマンならではのアドバイスに社員も納得していました。

<Sponserd Link>



ビジネス基礎「話術でガツンとつかむ講座」をサンドイッチマンのネタで手本を

バーガーキング社員の方の悩み

バーガーキングの社員の方の悩みの一つは、自分たちの話したいことをうまく伝えられない、伝わってないのではということ。

プレゼンで上司に上手く伝えられない

出典:NHK

新商品を上司にプレゼンするでだが、上手く伝えられない

研修で興味をひく講座を

出典:NHK

研修の講師を担当しているのですが、研修で興味をひく講義ができるようになりたい。

<Sponserd Link>



先制パンチを食らわす

芸人で言うと、最速でネタに引き込み、笑いを取る。いわゆる”つかみ”、これが先制パンチ。

冒頭で設定に入る

出典:NHK

ポイントは冒頭ですぐに設定に入ることです。

 

そこで1度、バーガーキングの社員の荒川さんの普段のプレゼンをVTRで見てみることに。(上の動画で見ることができます)

エビを4尾から6尾にした

出典:NHK

商品の前置きの説明があり、1分過ぎにやっと一番言いたいこと「エビを4尾から6尾のした」の話でしたが。

何言ってるかわからない

出典:NHK

プレゼンの入るところが、あまり引きつけられてないので、もったいない。

前回の商品の話

出典:NHK

「人気商品の第2段を作った」と、最初の30秒が前回の商品の話で長いんです。

最初に一番言いたいことを言うことが、漫才で言う「つかみ」。

冒頭でつかまないと、後半の話までちゃんと聞いてくれない。

逆に冒頭で引き込むことが出来れば最後まで聞いてもらえる

 

漫才で、例えばお弁当屋さんの設定の場合「いや、俺ねお弁当屋さんやってみたいんだよね」「あそうなんだ」「俺がお弁当屋さんやるからお前やってよ」みたいなはいり

サンドイッチマンはその部分、要らないと思ってる。おもしろくもなんともない、説明になるだけ

 

そのことを意識したサンドイッチマンのネタを見てもらうことに。(下の動画でみることができます)

 

「世の中興奮することがいっぱいありますけど、一番興奮のはお弁当買いに行った時だね」という1行を入れることですぐネタに入れ、”興奮”というワードで笑いも誘う。

お弁当屋さんに入ってすぐに「ソースはお付けしますか?」というさらに笑いを膨らませようとしているのです。

そこで、荒川さんのプレゼント内容をこうしたらいいんじゃないかとサンドイッチマンなりに考えたものを披露。

言いたいこと、エビを4尾から6尾に

出典:NHK

プレゼンする伊達さん「今回開発したのは、エビ好きが唸ったシュリンプワッパ―のパワーアップ版です」「今回なんとエビが2尾増えて6尾になりました」

上司の役で冨澤さん「えー、それは興奮しますね」www

エビが2尾増えて、4尾から6尾になったことがメインの話なので、最初から。

 

話術でガツンとつかむ講座のまとめ

出典:NHK

プレゼンは最初からだらだら話さないで、早く本題に。

そして、冒頭で興味をひくワードを入れることがつかむコツなのです。

<Sponserd Link>



カリスマコンサルタントの感想

カリスマコンサルタントの和田裕美さんがビジネスに有効、トークは冒頭が命と。

プレゼンでも最初の30秒でおもしろいかおもしろくないか決まるので。

下の動画は和田裕美さんの解説です。

 

と、Apple創始者スティーブ・ジョブズのプレゼンの話を例え、大切だということを強調しました。

 

最後に

冒頭で相手が聞いてみたいと思わせないといけないことのテクニック、さすがサンドイッチマンと思わせる納得の講座でしたね。

実は、後半ではつかんだ以降の話し方についての講義もしてくれてます。

こちらも非常にためになる内容でしたので、後ほどアップします。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK