日常で首に巻くだけで褐色脂肪細胞が増え、ダイエット!体質が改善済なのでリバウンドになりにくい。

アイスベルト

2020年8月20日(木)NHK BS「美と若さの新常識~カラダのヒミツ~SP」は “”ダイエット成功は“体質”を知るにあり 「体質改善ダイエット!10週間やってみた”。

「ダイエットの壁を越えたいなら“体質改善”」が新常識。

新しいダイエットを試しても、すぐにリバウンド!

そんな失敗を防ぐカギは“体質”にあることが明らかに。

多くの人が経験する急に体重が減らなくなってしまう「停滞期」を分析。

その理由をついに解明!

体質改善ダイエットのために3つのポイント

出典:NHK

脂肪燃焼に働く褐色脂肪、代謝に関わるミトコンドリア、腸内細菌の変化という3つの体質を10週間にわたって追い、停滞期を乗り越えやせ体質にカラダを変える極意に迫る。

引用:NHK

一番驚いたのが、「えっ、これでいいの?」「アカモク買って食べなくても褐色脂肪細胞を増やすことができるんだ!」と、細胞内で熱を発し、太りにくい体質にする細胞、褐色脂肪細胞を増やす方法です。

簡単で、この時期にすごくいいので紹介します。
<Sponserd Link>



褐色脂肪細胞を活性化させる方法がこんなに簡単なことだとは。

褐色脂肪細胞が多いと痩せ体質

オランダ人のヴィム・ホフさんは短パン姿で雪山を登ったり、雪道を裸足で走ったりと、寒さの耐久に関する世界記録を20以上持っているスゴイ方です。

極寒の氷の上に座るヴィム・ホフ

出典:NHK

なぜ、そんなことができるのか?

そのカギを握っているのは褐色脂肪なのです。

ホフさんの褐色脂肪

出典:NHK

ホフさんの肩甲骨周辺には褐色脂肪細胞が多くあるのです。

褐色脂肪細胞の中にはヒーターのようなものがあり、熱を生み出すことができます。寒さを感じると体温を上げるためにヒーターが活性化、脂肪を使って熱を作ります。

その結果、脂肪が燃えやすくなるので、褐色脂肪を多く持つホフさんみたいな方は寒さに強い、痩せ体質になるのです。

褐色脂肪があることが痩せ体質にする検証

北海道大学で褐色脂肪が多くあることが痩せ体質につながってる検証をやりました。

年齢・身長・体重は似通ってるが褐色脂肪細胞の量に差がある2人

出典:NHK

年齢・身長も似通ってるのですが、褐色脂肪細胞の量が違いがある2人の体重と体脂肪率を測ったところ、

年齢・身長は似通ってるが褐色脂肪細胞の量に差がある2人、体重と体脂肪率に差が

出典:NHK

褐色脂肪細胞の多い方の方がたいも約10Kg痩せていて、体脂肪率も10%低かったのです。

褐色脂肪細胞の多い方は食べても太らないということ。
<Sponserd Link>



褐色脂肪を活性化する方法

褐色細胞のスペシャリスト新潟大学特任准教授清水逸平さんに、褐色脂肪細胞を活性化させる方法を聞いてみたところ、いくつかあるのだが、一番代表的なことは寒冷刺激ということ。

エネルギー代謝の変化

出典:NHK

褐色脂肪を活性化させるために寒冷刺激を手だけに与えると、寒冷刺激を与える前に比べてエネルギーの代謝の平均値が上がっていることが、上の表からわかります。

熱を生み出して基礎代謝がアップすれば痩せ体質になるのです。
<Sponserd Link>



寒冷刺激で日常でできる簡単なアイスベルト巻き

毎日、手を長時間水に付けたりして冷やすのは、日常生活では難しいですよね。

アイスベルトを巻く

出典:NHK

実はアイスベルトを首に巻くだけでいいのです。

2時間が指標

出典:NHK

清水先生は1日2時間が指標になると。

2時間が指標の理由

出典:NHK

それはほかの研究で2時間で6週間寒冷刺激を行ったところ効果が認められたという研究報告があったから、目安ということです。

早ければ週単位、1週間で代謝が健康的にシフトする可能性があるということです。
夏にアイスベルトは続けるのが簡単

出典:NHK

実際に番組実験の4人に1ヶ月アイスベルトをやってもらいました。

アイスベルト前後の肩甲骨の温度

出典:NHK

4人中3人が寒冷刺激を手に与えると、肩甲骨周りの温度がアイスベルトを1ヶ月やる前より上がってることがわかります。

褐色脂肪細胞が増えたということです。
<Sponserd Link>



最後に

北海道大学の検証で褐色脂肪細胞の少ない方は「昔と食べる量は変わらないのに、体重は少しずつ増えてきている感じ」というこの。

そうなんです。褐色脂肪細胞は、成長期に入ると少しずつ減り、生まれたばかりの時に約100gあったものが、成人になると40g程度に減ってしまうのです。

毎日2時間のアイスベルトは厳しいという方はアカモクやひじきなどの摂取を合わせてやるといいかもしれませんね。

アカモク、ひじきが褐色脂肪脂肪細胞の量を増やすことは「日々2グラムの海藻食べるだけでダイエット効果。メカニズムはフコキサンチンで脂肪細胞を縮小」で詳しく記してますので、よろしければ、ご一読ください。

そして、実は褐色脂肪細胞で熱を作ってるのはミトコンドリアなので、寒冷刺激でミトコンドリアも鍛えてるそうです。こちらもダイエットにつながって、夏場は熱中症対策にも一石三鳥で、アイスベルトはめちゃくちゃいい方法だということで、
<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK