エノキの”キノコキトサン”が糖吸収抑制、”エノキタケリノール酸”は脂肪燃焼促進。冷凍、日干しで効果増!

エノキタケリノール酸

2020年8月6日(木)のNHK BS「美と若さの新常識~カラダのヒミツ~」は”驚きの変身!干し野菜の栄養パワー”

新常識「新鮮野菜を干せば健康パワーアップ!」。天日で野菜を干すことで起こるマジックを紹介してました。

その野菜やキノコの中で特筆すべきがエノキダケの肥満要望効果。

エノキタケリノール酸

出典:NHK

干すと、骨の健康にいい「ビタミンD」や、脂肪を分解する「エノキタケリノール酸」が。

あれ?ほかの番組で「キノコキトサン」は冷凍させるといいということだったような?

ちょっと、整理が必要ということでまとめました。

<Sponserd Link>



エノキダケはそのまま使うより、冷やして干して栄養アップさせたほうがいい

「美と若さの新常識~カラダのヒミツ~」は干す推し

ビタミンD

キノコにはエルゴステロールと言う物質が含まれてますが、紫外線を浴びることによってビタミンDに変換されるのです。

ビタミンDの健康効果

出典:NHK

ビタミンDはカルシウムの吸収を促進して骨を作ることや筋肉の維持に欠かせないビタミンです。

ビタミンDの1日の摂取量

出典:NHK

ビタミンDの1日の摂取量の目安は8.5μgですが、全国平均の摂取量は6.6μgなので、摂取量が1.9 μg足りてないということになります。

キノコを天日干し

出典:NHK

天日干ししたキノコ類はどのくらいのビタミンDが摂取できるのでしょうか?

干しキノコのビタミンDの量比較

出典:NHK

8種類のキノコを3時間天日干ししたところ、

3位がホワイトブナシメジで0.19μg

2位がマイタケで0.34μg

干しエノキダケ

出典:NHK

1位がエノキダケで0.57μg

エノキダケの3分の1株を干して摂取

出典:NHK

干しエノキダケだと、3.3g分、3分の1株を干して摂取すればビタミンDの不足分を補うことができるのです。

エノキタケリノール酸

エノキダケの中にはエノキタケリノール酸が発見され、そのエノキタケリノール酸は細胞膜にくっついて脂肪を分解させることができるとわかりました。

エノキタケリノール酸はエノキダケにしか含まれてません。

実験にて男女250人が400mgのエノキタケリノール酸を8週間摂取したところ、2%体重が減少して効果も証明されています。

400mgのエノキタケリノール酸を8週間摂取による体重の変化

出典:NHK

例えば60kgの人の場合なら1.2Kg減ったことになります。

しかし、エノキタケリノール酸はエノキダケのとても丈夫な食物繊維に閉じ込められています。あまりにも丈夫なため、普通に食べるだけではなかなか壊せず、ほとんど摂取できないのです。

水分を飛ばす

出典:NHK

干せば水分が飛んで壊れるので、干しエノキダケノにすることで、エノキタケリノール酸を摂取することができるようになります。

干しエノキダケ、1日5g(2分の1株程度)摂取するだけで、肥満防止の効果が期待できるのです。

下のYouTube動画でも干しエノキにすることでのビタミンD、エノキタケリノール酸の効能アップ及び干し方まで紹介してくれてますので、

見てみてください。

<Sponserd Link>



「林修の今でしょ!講座」などは冷凍推し

キノコキトサン

食物繊維の一種キノコキトサンは摂り過ぎた糖の周囲に膜を張り、吸収を抑え、体外へ排出する働きがあります。

また、キノコキトサンは水や胃酸に強いので、腸までしっかり届いて効果を発揮してくれるという特徴があるので、多く摂取できれば効果が高まるということです。

キノコキトサンは丈夫な細胞壁の中に入っていますが、冷凍すると細胞壁が膨張して破壊され、吸収しやすくなりますので、冷凍保存がいいということです。

冷凍保存方法は下のYouTube動画を参考にして下さい。

冷凍えのきの変色を防ぐコツは覚えといた方がいい

冷凍して細胞壁が壊れたえのきだけは、常温に戻すと水分が出てきて茶色く変色してしまいます。

見た目が悪いだけではなく、えのきだけ特有のシャキシャキとした食感はゼロ!

そのため、冷凍された状態で一気に高温調理するのが大切です。温度差を極端にすることで水分の放出を最小限にすれば、変色を防ぎ食感も残すことができます。

または、生ではなく軽く油で炒めて膜を作ってから冷凍することで変色を防ぐ効果があります。

引用:はぐくむ

 

<Sponserd Link>



最後に

食物繊維とは植物の繊維や細胞壁などを構成する多糖類で、ヒトでは消化できないか、消化の困難な物質なのです。

ということで、エノキダケの食物繊維や細胞壁は干しても冷凍しても壊れるので、どちらでもOKということですね。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK