頭皮も髪の毛も日焼けしてダメージを受けている!甘く見てると秋の抜け毛や頭皮トラブルに。対策を!

女性頭皮専門クリニック院長

2020年8月4日(火)放送、NHK「あさイチ」は”夏はご用心!髪と頭皮のにやけ対策”

頭皮や髪の毛は肌よりも2倍近く紫外線を浴びてるのですが、肌みたいに直ぐにほてったり、赤くなったり、ヒリヒリしないので、じわじわと日焼けが着実に進行してしまうのです。

放っておくと、

切れ毛や枝毛

出典:NHK

切れ毛や枝毛が増え、

頭皮の炎症

出典:NHK

炎症を起こしたり、

抜け毛や薄毛

出典:NHK

酷くなると抜け毛、薄毛にまで発展することも。

ということで、医者、ヘアパーツモデル、毛髪診断士が推奨する対策を紹介してました。



髪や頭皮は肌の2倍の紫外線で日焼けしてるので対策を

結構怖い日焼け、髪や頭皮のSOSに気付きたい

日焼けしても気づけない

実際、患者さんが気にされるのは抜け毛の量や薄毛、全体のボリューム低下のほうなのですが、

この時期は特に頭皮が日焼けしていて症状を悪化させてる原因のひとつになってるです。

日焼けは自覚症状が出た時は手遅れになってることがあるということを気を付けてください。

生え変わりには(特に女性は)3~6年

ヘアサイクル

出典:NHK

健康な髪の毛の場合は3~6年くらいの成長期を経て、次の生え変わりのシーズンに入っていくのですが、日焼けで皮膚トラブルを起こしてしまうと、休止期の期間が長くなり、なかなか生えてこないことで薄毛という症状につながっていくのです。

頭皮・髪の毛のSOSに気付く

髪の毛はパサついてきて、色が抜けたような感じになるということで気づけます。

頭皮は違和感。健康だと特に意識することはないのですが、痛痒い、ヒリヒリするなど表面の知覚過敏のようになり、悪化すると赤みがでて、やけどに近い状態になります。
<Sponserd Link>



紫外線を防ぐ生活様式

ヘアパーツモデルの鈴木真奈さんが髪を夏の紫外線から守る方法を参考にします。

鈴木真奈さんの髪

出典:NHK

起床時に頭皮バリアーを

朝起きたら、必ず頭皮用ローションを塗って、頭皮を保湿するようにしているのです。

頭皮用ローションで水分を補う

出典:NHK

頭皮を健康に保つためには皮脂と水分が大切。充分にあることで紫外線から頭皮を守るバリアーの代わりになってくれます。

頭皮は眠っている間に水分は汗などの寄って失われがちなので

補うことからはじめます。

化粧水でも代用可能

出典:NHK

ローションなく化粧水でもいいのです。

①分け目にローションをつけ指で染み込ませます。

②髪で隠れている部分にも、指の腹を使って、もみもみ。

③頭頂部までまんべんなくつける。

頭皮バリアーの完成しましたので、活動開始でえす。

庭やベランダでの洗濯干しなどでも対策を

洗濯干しだからと侮るなかれです。

1日15分の紫外線を30日毛髪に照射する実験をしたところ、

1日15分の紫外線でも30日後はバサバサな毛髪に

出典:NHK

髪を保護するキューティクルがなくなり、毛髪がぼさぼさになりました。

洗濯干しの短い時間でもつばが広い帽子で紫外線対策を。

出かける時の対策

裏地が黒の日傘

太陽から直接届く直射光と大気中の分子などに反射される散乱公があります。

紫外線の直射光と散乱光の割合

出典:NHK

実は、紫外線は散乱光は直射光より多く、紫外線の6割以上を超えるのです。

傘の裏の黒い色で紫外線を吸収させることで、散乱光の影響を減らす方がいいのです。

髪型を変える

1日の後半に差し掛かったことに髪型を変えて、頭皮の同じところに直接紫外線が当たらないようにし、負担を軽減するためにします。

クイズは3択で、水はキューティクルが開いて髪がぱさぱさになってしまう可能性があり、クーラーでクールダウンも頭皮の血流を悪くする可能性があります。
<Sponserd Link>



毛髪診断士推奨の夏シャンプー術

毛髪診断士齊藤あきさんは5万人以上の肩の髪のトラブルと向き合ってきた方。

毛髪診断士の齊藤さん

出典:NHK

夏は紫外線量が多いので頭皮や髪がダメージを受けているから、間違ったシャンプーやヘアケアをするとダメージが進みなすいのです。

そこで、齊藤さんから夏シャンプーやり方を教わりました。

①ブラッシング

毛先→中間→根本の順でゆっくりと優しくとかます。

ブラッシング

出典:NHK

あらかじめ、ホコリを取っておくと、汚れを落としやすくするのです。

②予洗い

約38℃のお湯で2~3分間かけて髪全体をを洗います。

予洗い

出典:NHK

ここで7割くらいの汚れを落とすことができるのです。

注意、熱いお湯は必要な皮脂・水分まで流れるので厳禁です。

③シャンプー

髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗う気持ちで爪を立てずに指の腹を使って洗うのがポイントです。

ここまでは、いつもの正しいシャンプーのやり方と変わらないようですが、この次のシャンプーのつけ方が夏シャンで独特なのです。

シャンプーと水を混ぜしっかり泡立てる

出典:NHK

シャンプーと水を混ぜしっかり泡立てるのですが、手で混ぜるだけでは泡が立たない。

オイルボトル

出典:NHK

そこで使うのが、100円ショップなどで買えるオイルボトルにシャンプーと水を1対1で入れ、シャカシャカ混ぜると、泡ができるのです。

泡

出典:NHK

先が細くなっているのでそのまま頭に泡をふりかけられ、泡で洗うので、頭皮をゴシゴシしないで優しく洗えるのです。

大仏ぐーるぐる

出典:NHK

しっかり汚れをとるために生え際から頭頂部に向かって指の腹で、頭皮を動かすようにぐるぐると洗っていきます。

大仏ぐーるぐると、大仏さんの頭をイメージして円を描き、頭皮を揉みながら洗うことで、毛穴に詰まった皮脂などを落とすことができるのです。
<Sponserd Link>



最後に

あさイチのスタッフが普段洗いした後の頭皮と夏シャンプー洗いをした時の頭皮を見比べてみると、夏シャンプーの方は毛穴の皮脂が残ってませんでした。

あさイチのスタッフが普段洗いと夏シャンプー洗いをした時の頭皮の差

出典:NHK

夏シャンプー、大仏ぐーるぐるが効果的なことがわかりましたね。

紫外線が強い季節は頭皮と髪にここまで気を使わないとですね。

あさイチの保湿は非常に大切な気がします。
<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK