新情報!ウォーキングなど運動は日々しているが、つまずいたり転倒しやすい人は小脳力を鍛え、転倒事故予防を。

前後動揺値

2020年2月12日(水)「ガッテン!」は”寝たきり予防の最新メソッド“小脳力”トレーニングSP”。

同様のことで、転倒事故で亡くなる人も多くいるということで、2月5日(水)の「東洋医学 ホントのチカラ」”冬のお悩み一挙解決SP”では太極拳を取り入れることで改善されるということでしたので朗報だと感じてました。

しかし、(近年つまづくことが多くなってきたと感じてたので、)太極拳をやってみようかなと教室を探したのですが、近所に教室も少なく、あっても時間も合わないので、どうしたらいいかと考えていたところ、さらに朗報「ガッテン!」で、自宅でも会社の休憩時間でも簡単にできる小脳に特化したトレーニングが紹介されていました。

めまいやふらつきで転倒のリスクが高い人が1年間行って、95%の人の症状が軽減したということ。

95%が小脳トレーニングで改善

出典:NHK

小脳力トレーニングの効果がどのくらいなのかが放送されていましたので紹介します。
<Sponserd Link>



新朗報!小脳力の改善が転倒防止につながる

転倒しやすい人は足腰の筋肉のおとろえだけでなく、小脳力の衰えの可能性も

筋力の低下は転倒の大きな原因です。

転倒する原因の一つ

出典:NHK

しかし、筋力だけではなく小脳力も原因なのです。

小脳力が低下する大きな原因としては、加齢とともに小脳の神経細胞は脱落(減少)すること、アルコールで小脳の力が低下すると足がもつれることと運動不足などがあります。個人差があります。

小能力の衰えの3大原因

出典:NHK

<Sponserd Link>



すぐに試せる小脳力セルフチェック

平均台の上にいるように片足のつま先ともう片方のあしのかかとをつけて足を一直線にして立つ(左右どちらが前でも可)

腕を組んで、目をつぶって、20秒数えます。

20秒立っていられたら小脳力は標準以上ということです。

立ち直り反射、倒れそうになった時に無意識に体を直すってのは小脳の力なので、ふらついても直して20秒以上立ってられればいいということです。

注意事項:周りに物がない安全なところで行ってください。ふらついて危険を感じた場合はすぐに目を開け中止してください。

<Sponserd Link>



小脳力トレーニングと効果

小脳力低下を予防する小脳トレーニングを東海大学医学部付属病院後藤先生より簡単な2つの体操の紹介がありました。

小脳トレーニング①

両手を前に伸ばし親指を立てます。(両手の位置は肩幅ぐらい)

顔を動かさずに左右の親指を交互に見つめます。

目だけをなるべく速く動かし、10往復させます。

小脳トレーニング②

右手を前に伸ばして左手であごを固定します。

立てた親指を左右に動かして、確実に目で追います。

目だけをなるべくゆっくり動かし、10往復させます。

2種類小脳トレーニング回数

出典:NHK

このセットを3回。朝昼晩の3セットがおススメということ。

このほか、意識的に周囲の景色を見ながら歩くだけでも小脳を鍛えられると考えられています。

10年以上続けているラテン系ダンスを継続しているので体力に自信がある40代女性。

体力測定でも、同年代の女性の平均値を上回り、筋力には何の問題もないのですが、小脳力が非常に低かったのです。

ですので、転ぶ君がONになると、前後動揺値値が非常に高かったのです。

その女性に1ヶ月間小脳トレーニングを続けてもらったところ、

前後動揺値が57.48→33.6になり、見るからに体の立ち直りが早くなりました。

トレーニング効果

出典:NHK

実際に強いめまいに襲われた方も小脳トレーニングの効果を感じているということです。番組内の下記動画をご参照下さい。

<Sponserd Link>



最後に

小脳力の衰えの原因の一番目として加齢があるのですが、実際には小脳力のセルフチェックでは20代から60代まで転倒リスクが高い人が40%前後もいらしゃるみたいですね。

年齢別の小脳力セルフチェック結果

出典:NHK

この小脳力トレーニング、しばらくやらないと効果は下がるのですが、またやると効果が上がるということなので、日々やることが大切なんですね。

ということで、おさらい。

自分自身、つまづき防止のためもあり、ウォーキングや階段の上り下りを心掛けてましたが、やはり平面でつまづくこともあり、どうしたものかと考えてたんですが、小脳の対策が未対応だったので、小脳が関係しているかもしれないということを知り前向きにこのトレーニングを日々取り入れたいと思いました!

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK