かゆみを抑える研究・開発の現在は?神経が伸びるのを抑える物質を発見して研究は最終段階に。

体をかいてるウリボウ

2020年10月28日(水)のNHK Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ!」では”かけばかくほどかきたくなるのはなぜ?”というテーマ。

背中をかく又吉直樹

出典:NHK

その中で、乾燥肌、アトピー性皮膚炎、乾癬などをはじめとするかゆみに苦しん出る方にとっても喜ばしい情報がありましたので紹介します。

<Sponserd Link>



かゆみで悩むために神経や脳で抑えるところまで研究が進んでる!

健常者よりも神経が皮膚近くまで伸びてるのがかゆみの原因の一つ

2020年痒み、特にアトピー性皮膚炎に苦しめられている人には深刻な問題です。

アトピー性皮膚炎の患者の神経は皮膚近くまで出てきている

出典:NHK

このアトピー性皮膚炎の痒みに関して順天堂大学名誉教授高森健二さんが世界で初めて明らかにしたことがあります。

神経線維の伸びがアトピー性皮膚炎の方と健常者では違う

出典:NHK

高森先生たちが世界初めて明らかにしたのが、アトピー性皮膚炎などの乾燥肌では神経が表皮の近くまで伸びて、かゆみに過敏になることを突き止めたのです。

さらに、高森先生たちは、マウスを使った実験で神経が伸びるのを抑える物質を発見したのです。

セマフォリン3A(神経伸張抑制物質)をマウスにぬってあげたところ、マウスはかかなくなり、神経も短くなっていったのです。

神経伸張抑制物質を人間の細胞で作らせる薬を新施設で開発中

セマフォリン3Aを作らせる薬を開発中

出典:NHK

今は人間の細胞にセマフォリン3Aを作らせる薬を開発中ということです。

セマフォリン3Aを作らせる薬

出典:NHK

研究は最終段階に入り、近い将来の実用化が見えてきたというところです。

順天堂かゆみ研究センター

出典:NHK

2019年、高森先生たちは日本初となるかゆみ治療専門の研究施設を設立し、治りにくいかゆみの解消に向けて、日々研究・開発を進めています。

かゆみを起こす物質(ケミカルメディエーター)は20種類以上あり、ほかのかゆみを抑える薬を開発する必要があり、皮膚科医だけでは改善できないので、眼科、皮膚科、耳鼻科、脳神経内科など一緒になってお互いの力を利用して研究にするのが(この施設の)、他にない一番大きな特徴なのです。

近年、かゆみの研究が急速に進む理由は経済損失

こういったかゆみを研究するセンターができたのか?創らなくてはいけないのか?

経済損失

出典:NHK

その大きな理由の一つは経済損失なんです。

経済損失の例えとしては、夜眠れないと、起きてる時になかなか集中ができなかったり、翌日休むことなど、あるいは、実際に病院に行ってかゆみ止めなどのお薬をもらう費用などです。

年間6兆円

出典:NHK

厚生労働省が試算したところ、1ヶ月に5千億円かかる。年間6兆円の損失は大きいですね。

<Sponserd Link>



最後に

昔はかゆみは軽い痛みと考えられてた

出典:NHK

以前、かゆみは”軽い痛み”としてしか考えられてなかったので、皮膚科の医師を除いて研究されてこなかったのですが、

痛みとは異なるかゆみの部位を特定

出典:NHK

その流れを変える決め手となったのが、柿木隆介先生たちの研究。

かゆみと痛みの脳内を比較

出典:NHK

かゆみと痛みを感じる際の脳内活動を比較。かゆみは楔前(けつぜん)部で、痛みは偏桃体(へんとうたい)と脳内の別の場所が活動していること突き止めたのです。

今までにない脳科学の視点からかゆみは独立した感覚として認められたのです。

また、かゆみを抑えるために神経でなく脳に働きかけることも研究されているということ。

しかし、突き止めたのが2009年ですので、ここ10年でかゆみをここまで進んでいるのは驚きでしたね。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK