おぎやはぎ、矢作がいびき対策CPAPでおもしろさ7割増と小木。睡眠不足改善でここまで違うってすごい。

CPAPをやりはじめた矢作さん

2020年7月11日(土)NHK「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」のテーマは”日本人9割のお悩み!?睡眠のお金の秘密”について。

ある調査によると睡眠に満足していない日本人は93.8%以上です。

日本人の睡眠時間は世界的にもみて極めて短い

出典:NHK

日本人の平均睡眠時間は7時間22分で、調査対象国の中で最も短い睡眠時間。アメリカ(8時間46分と比べると1時間26分も少ないのです。

睡眠負債がたまっていると、脳の働きは酩酊状態のときと同じくらいのレベルにまで低下し、事故なども合わせると、日本だけでも年間約15兆円もの経済損失が睡眠負債によって出ているという試算があるのです。

そこで、睡眠不足の原因いびきと歯ぎしり・食いしばりの対策をしたらいくらかかるか紹介されてました。

<Sponserd Link>



睡眠のお悩み2TOP治療にいくらかかる?

カネオくんが睡眠外来に行って、聞き込みを。

睡眠外来施設

出典:NHK

悩み1、いびき

いびきの恐ろしさとメカニズム

いびきが悪化すると取り返しがつかないことになってしまうのです。

いびきは睡眠時無呼吸の危険なサイン

出典:NHK

悪化すると寝ている時に無呼吸になって息が止まることがあるのです。

いびきの原理

出典:NHK

いびきは、喉の奥の筋肉や舌の根元が垂れ下がってしまい、空気の通り道が狭くなってしまうことで起きてます。狭い通り道を無理やり空気が通る時に出る音がいびきの正体なのです。

この空気の通り道が全てふさがると、10秒以上呼吸が止まる無呼吸症状に陥る危険が。

マイクロスリープ

出典:NHK

息苦しさからくる寝不足で、昼間でも突然終秒眠りに落ちてしまうマイクロスリープという睡眠障害につながる恐れもあるのです。

さらに呼吸が止まることで、心臓や脳、血管に負担がかかり、心筋梗塞や脳卒中などのリスクが増加する恐れが、最悪は突然死につながる危険さえあるのです。

重症の睡眠時無呼吸を8年間放置すると100人中37人が亡くなったという報告もあるのです。

いびきの主な原因

出典:NHK

いびきは太っている人に多いのですが、痩せている人も歳をとってくるとのどの組織がおとろえていびきをかきやすくなります。

いびきをかきやすい人

出典:NHK

睡眠時の口呼吸

出典:NHK

寝る前の飲酒をする人(お酒はのどの筋肉をゆるめてしまう)、肥満体型の人や睡眠中に口呼吸になる人がいびきをかきやすいのです。

改善方法

医療機器

無呼吸の回数が1時間に20回を超える場合には

CPAP治療

出典:NHK

鼻に空気を送り込むことでのどが狭くなることを防ぎ、空気の通り道を確保する治療、CPAP治療の対象となります。

CPAP治療の効果は確実と言われており、全世界で一番普及している治療法です。

CPAP治療の装置はレンタルでき、保険適用3割負担でひと月4,500円です。

このほかにもいびき対策の鼻から口蓋垂(のどちんこ)までいれるチューブなどの医療機器があります。

いびき対策チューブ

出典:NHK

いびき対策チューブで空気の通り道を確保

出典:NHK

使い捨てタイプで1箱(7個入り)で3,220円です。

鼻に入れるチューブの長さは人によって異なるので、初めて使用する時は必ず医師と相談してください

注意喚起

いびきはダイエット、就寝4時間前の飲酒を控えること、横向きで寝ることも効果があります。

市販のいびき対策グッズ

あごサポーターや首枕

出典:NHK

口呼吸予防テープ

出典:NHK

いびき対策グッズの市場規模は推定1,000憶円程度あると言われています。

<Sponserd Link>



悩み2、歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしり・食いしばりの恐ろしさと原因

「睡眠中の歯ぎしりの回数が多いとあごにすごく力が入るので眠りが浅くなってしまう」という相談が増加しています。

歯ぎしり・食いしばりで奥歯にかかる力

出典:NHK

歯ぎしり・食いしばりで奥歯にかかる力は50kg~100kgにもなると言われています。

そのため、歯ぎしり・食いしばりが続くと、「寝ても疲れがとれない」「肩がこる」

歯が割れる

出典:NHK

歯にひびが入ったり、割れるというケースや

顎関節症の症状

出典:NHK

口を開けるだけで痛みが走る、顎(がく)関節症と言った病気に発展するケースもあります。

特にストレスが原因と言われています。

ストレスなどで眠りが浅くなり、無意識で歯ぎしり・食いしばりを起こしてしまっていると考えられているのです。

子ども達の中でも歯ぎしり・食いしばりが増加

出典:NHK

子ども達の中でも歯ぎしり・食いしばりが増加しています。

改善方法

夜間装着用のプラスチック製やゴム製のマウスピースを作成することが歯医者さんでは一般的。

アゴや歯に過度にかかる負担を軽減することができるのです。

マウスピース

出典:NHK

マウスピースは歯医者さんで保険適用で作製可能で、3,000~5,000円です。

<Sponserd Link>



体の異常のサイン、ジャークが多いと注意!無呼吸睡眠に

ジャーク

出典:NHK

眠りにつくときに、身体がピクッっと痙攣することで、イスやソファなど不自然な体制で寝ている時によく起こる体がピクッとする現象をジャークと言います。

眠りにつく前の不安定な状態の脳が間違った指令を出すことで起こると考えられていますが、実は体や脳が疲れているサインでもあるのです。

一晩に何度も起こると不眠症になる恐れもありますので注意が必要です。

<Sponserd Link>



最後に

小木さんの相方である矢作さんもCPAP治療をして、今は肌ツヤも良くなって、目もスゴく潤ってきて、昼寝をしなくなったと。

CPAP中の矢作さん

出典:NHK

矢作さんは全然疲れなくなって、仕事もおもしろいことしか思いつかなくなったということ。

CPAP後の矢作さんは、小木さんの感覚だとおもしろさが7割アップしたということwww

もしその通りなら、日本国民全員が睡眠の悩み解消で7割ずつ仕事の効率がアップしてばGDPは15兆円以上アップするかもするかもしれませんねww

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK