「麒麟がくる」の織田信長(染谷)も松永久秀(吉田鋼太郎)も人間味が!そう、久秀は極悪人ではなかった。

松永久秀と明智十兵衛

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の吉田鋼太郎さんが演じる松永久秀が今までの悪人で荒々しいイメージと全く違うような気がします。

長谷川博己さん演じる光秀は若い頃のことはまだわかってませんので、主人公として好感が持てる人物に描かれるのはわかりますが、染谷将太さん演じる信長も久秀も「麒麟がくる」では人間味あふれていて、良い感じがします。

松永久秀役の吉田鋼太郎

出典:NHK

2020年8月30日の放送でも本郷奏多さん演じる関白近衛前久から「将軍を亡き者にせんと企んでる輩がいる」「おのが子の久通が一枚嚙んでいるという話もあるが」と指摘されてましたが、「バカバカしい」と久秀は笑ってごまかしてました。

その後、すぐに真偽のところを確認しなかったのはなぜなのか?

本当に戯言と思っていたのか?将軍襲撃に関与してるからか?は今のところ不明ですが、2020年06月09日 (火)「歴史秘話ヒストリア」では全く関与していない感じ(上の動画で見れます)。

その「歴史秘話ヒストリア」では”戦国最強のナンバー2 天下を動かした男 松永久秀”として主君三好長慶を天下人に押し上げた、忠義の武将だったことが判明しつつあることが放送されてましたので紹介したいと思います。

<Sponserd Link>



今までの松永久秀のイメージは悪過ぎる!「麒麟がくる」の久秀が事実に近いっぽい。

戦わずして勝つ戦略

三好長慶の側近に抜擢

三好長慶

出典:NHK

応仁の乱からおよそ80年、1553年(天文22年)未だ治まらず戦国の世で一人の武将が頭角を現します。三好長慶です。

天下人三好長慶

出典:NHK

長慶は四国阿波、現在の徳島県出身で、京の都を手中に治め、その後畿内を制圧し、織田信長に先んじて天下人になった人なのです。

この長慶を天下人にしたのが三好家の家老No.2の松永久秀なのです。

久秀は現在の大阪府高槻市の土豪出身、当初は右筆(ゆうひつ、書記・秘書)をやっていたのですが、物事を確実に伝える能力に長け、低い身分の出身ながら長慶の側近に大抜擢されます。

その後、長慶が京都を支配するようになると、久秀は公家や寺社との交渉役を任されるようになります。

将軍足利義輝の力を削ぎ落とし

足利義輝は三好家と戦い、一度は京を追われましたが、その権威はまだ絶大でした。

義輝を慕う大名たちと共に都に戻る機会を虎視眈々とうかがっていたのです。

敵対する将軍の力を抑え込む難しいのですが、将軍の裁きに不満を抱く多くを、久秀が取り仕切って、誰もが納得する裁きで、将軍の上意を覆したのです。

将軍ではなく三好長慶が天下人であることを示したのです。

大和の宗教勢力を平定

当時の大和は興福寺や東大寺が強大な力で君臨しており、

大和は難治の国

出典:NHK

武士の力をはねのけ、難治の国と言われていました。

多聞山城

出典:NHK

そこで、久秀は多聞(たもん)山城という豪華な城を建てて、今までの宗教勢力に代わって「これからの大和の新しい支配者は私だ」ということを示し、大和の人々は松永久秀を力がある人と認める効果を発揮したのです。

多聞城

出典:NHK

フロイスの「日本史」には多聞山城のことが「全ての白や党の壁には漆喰(しっくい)が塗ってあり、かつて見たことがないほど白く輝いていた、これだけの建造物は世界にもない」と記載されているほどなのです。

宗教勢力も三好家の力を認め、大和が平定されます。

<Sponserd Link>



三好家を守るために

1564年(永禄7年)に敬愛する主君の三好長慶が43歳で病死します。

三好長慶死去

出典:NHK

この時、長慶には世継ぎが居なかったので、甥にあたる義継が当主に。義継は17歳でしたが、母親は天皇家とのつながりが深い九条家の出身。足利将軍に匹敵する血筋でしたので、久秀にはこの義継を将軍の位に付ける目標が生まれました。

しかし、1565年(文禄8年)5月、三好家の重臣である三好三人衆と当主の義継が軍を率い、将軍足利義輝の館を襲い、殺害したのです。

諸大名は三好家討伐の兵まで挙げる者まででてきました。

そこで、久秀は、東大寺にいた足利義輝の弟、覚慶、足利義昭を東大寺より連れ出し、味方に引き入れます。(軟禁したなど諸説はあります)将軍の弟を自分の陣営に迎え入れることで、三好家が将軍家に対して敵対する意志がないことを示すためでした。

御小袖

出典:NHK

そして、次の一手として朝廷が保管していた鎧、御小袖(足利尊氏が来ていた鎧で将軍の象徴)を主君義継に引き渡すよう求め、天皇も将軍に三好家を望んでいるというアピールをしたのです。

久秀はこの奇策で、三好家を救い、三好三人衆がを将軍の位に一歩近づけることができたのです。

しかし、お家騒動が起こります。三好家を久秀が取り仕切ることに対して快く思わなかった三好三人衆が畿内で挙兵。さらに阿波の三好家から2万を超える援軍も駆けつけたのです。

劣勢のため、このままだと義継の命も危ないと思った久秀は信長と手を組むという苦渋の決断をします。

ちょうど、信長から三好家に「足利義昭様を奉じて上洛するので懇意になることをお願いしたい」と手紙が届いており、上洛のために信長は同盟相手が必要だったのです。

1568年(文禄11年)11月、久秀と手を結んだ信長は上洛し、三好三人衆を阿波に蹴散らしました。

<Sponserd Link>



三好家再興を望む久秀に立ちはだかる織田信長

足利義昭が室町幕府15代将軍に

出典:NHK

1568年(文禄11年)10月、信長は足利義昭を将軍の位に就けます。

織田信長役の吉田鋼太郎

出典:NHK

 

1571年(元亀2年)信長は三好家の重要な同盟相手だった比叡山延暦寺を焼き討ちにします。

1572年(元亀3年)11月、三好義継は織田信長を討つことに決め、久秀は従うことに。

勝機はありました。

第二次信長包囲網(甲斐の武田信玄、相模の北条氏政、丹波の内藤如安、近江の甲賀衆、伊賀の伊賀衆、さらにもともとは織田方だった河内の三好義継、大和の松永久秀、そして将軍である義昭)に加わったのです。

しかし、1573年(元亀4年)4月、信玄が上洛途中で死去してしまうのです。

11月(改元し天正元年)に三好義継の若江城は陥落し、義継は自害します。

久秀は四国にいる三好長慶の甥の三好長治がおり、しばらく信長に服属し、様子をみて三好家再興を考えていたので、信長に仕えることになります。

信長包囲網

出典:NHK

1577年(天正5年)8月、多聞山城の取り壊しを命じられた久秀は信長を討つ決断をします。このまま信長の元にいても先がないと考え、大和の信貴山城で挙兵します。

巨大な敵織田信長に対して、久秀は単独ではなく、足利義昭の呼びかけで毛利輝元、上杉謙信の広範囲の信長包囲網結成されました。

そして、9月に上杉謙信は北上してきた織田軍と手取川で激突し、上杉軍が大勝利を収めます。

謙信が兵を引き返す

出典:NHK

ところが、謙信が兵を引き返したのです。(大雪で身動きできなくなることを恐れたからとも言われています)

松永久秀の最期

出典:NHK

信長包囲網の要、上杉謙信の撤退で、織田軍数万に囲まれることに。

10月10日、信貴山城は火の手が上がり、松永久秀は自害しました。

<Sponserd Link>



最後に

江戸時代に書かれた逸話集「常山気談」に、松永久秀は将軍を殺し、大仏殿を焼いた非業の人物として描かれています。

松永久秀の錦絵

出典:NHK

太平の世では極悪人にされてしまったのです。

その頃に想像で描かれた錦絵は非常に恐ろしい、極悪人ですよね。

昨年見つかった松永久秀の肖像画

出典:NHK

昨年松永久秀の肖像画が見つかったということですが、こちらはちゃんとした武士の恰好ですので、「麒麟がくる」で吉田鋼太郎さんが演じる久秀のやわらかさとこの肖像画を松永久秀と認識した方がいいと思います。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK