富士山は3プレートの真ん中にあるから日本一高く美しいが、逆にもろくて、2,000年後には形が崩れてる⁉

富士山はどうやって今のような美しい姿に

2020年10月7日(水)NHK Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ!」は”富士山はなぜ美しいのか?”

富士山

出典:NHK

その雄大な姿かたちで日本人だけでなく外国人観光客をも魅了してやまない富士山。

実は、このような美しい富士山が見れるのは、最近で、そしておそらくここ数千年だけだという。

鎌田浩毅

出典:NHK

番組で講師火山学者で京都大学大学院教授の鎌田浩毅さんが日本最大の火山でもある富士山の噴火のメカニズムや、不測の事態が起こった際の減災法などについて又吉さんに解説していました。

なぜこの美しい富士山が見れるのはここ数千年なのか?

記事にまとめますが、ヘウレーカ!でした。

<Sponserd Link>



今の富士山の美しさは激動の一時休止中だからある

富士山の構造

富士山が高くなった理由

富士山は、実は1つの山じゃないのです。4層構造なのです。

4層構造の富士山

出典:NHK

一番下から先小御岳(せんこんみたけ)、小御岳、古富士、新富士で、4つ重なって日本一の山になったのです。

古い火山の上で新しい火山が噴火してどんどん巨大に、高くなっていったということです。

火山学の定義では10万年前に活動を始めた古富士火山からを”富士山”と呼んでいます。

縄文時代の富士山は同じ姿だった?

2,900年前頃に縄文人が生活していた頃、今の形すがたの富士山はではなかったということ。

てっぺんから全体の4分の1が崩れて、山頂はギザギザになる山体崩壊が起こったのです。

山体崩壊とは噴火や地震などをきっかけに頂上部分が大きく崩れてしまう現象のことです。

セントへレンズ山

出典:NHK

例えば、アメリカのセントへレンズ山は1980年の噴火で山の形そのものが激変、頂上部分が大きくえぐれ、崩れる前の高さより数百mも低くなってしまったのです。

縄文時代の富士山はこのような形になっていたのです。

富士山は内部がもろい成層火山

富士山は火山灰、噴石などバラバラなものが積もって最後に溶岩でコーティング、そして、火山灰→溶岩、火山灰→溶岩の洋菓子のミルフィーユみたいな感じなのです。

成層火山

出典:NHK

噴火の時にあふれ出る溶岩は冷えるととても固くなりますが、噴火の際は軽石や火山灰などもろく崩れやすいものも一緒に積もります。成層火山はこうした2つの異なる層が重なっているためとても崩れやすいのです。

富士山がきれいなのはここ千年くらい

出典:NHK

鎌田さん「われわれはちょうどいい時に見ているわけ」「万葉集でも富士山はキレイだから、ここ1,000年ぐらいはキレイなんだけど、3,000年前になるともうぐしゃぐしゃという」「ぼくらはこのことを”美しさにも賞味期限”って言うんです」「富士山にも賞味期限があって、今から2,000年ぐらいになると、もうダメかな…という」

<Sponserd Link>



3,000年前のぐしゃぐしゃな富士山が短期間で美しい姿になったのはどうして?

富士山はできたら崩れ、できたら崩れを繰り返しています。

マグマの供給量が多かったので、大きくなっていったのです。

富士山は3プレートの真ん中にある

出典:NHK

なぜ、マグマの供給量が多かったのかというと、富士山はユーラシアプレート、北アメリカプレート、フリィピン海プレートの3枚のプレートの真ん中にあるからなのです。

ですので、地下の深いところが割れて、マグマが作られやすく、しかも噴き出すルートが限られており、上がりやすいのです。

プレートが沈み込む地下100Km付近、ここで高い圧力と温度によってマグマが生まれ、このマグマが上昇して火山を形づくっているのです。

特別な場所だからこそ、山頂が崩れても、再び噴火して、高くてきれいな姿を取り戻していったんです。

<Sponserd Link>



最後に

今現在はおとなしそうに見える富士山ですが、実は2,000年間で75回も噴火しているのです。平均すると30年に1度の割合で。

富士山の噴火回数

出典:NHK

しかし、近300年、1707年宝永噴火以来、沈黙を保ってます。

100万年と言われる火山の寿命のうち富士山は誕生して10万年で、若い火山なので、近年いつ噴火してもおかしくないのです。

ということで、今回の「又吉直樹のヘウレーカ!」の後半では富士山の噴火についてがありましたので、そちらは別記事にします。

補足)「ヘウレーカ」とは“わかった”“発見した”という意味で古代ギリシャの科学者、アルキメデスが「アルキメデスの原理」を発見したときに、嬉しさのあまり裸で「ヘウレーカ!」と叫びながら街中を走った、という故事にちなんでいます。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK