天才軍略家楠木正成は我慢強さと柔軟な戦いで鎌倉幕府滅亡に最大の貢献したが、義にこだわるしかなくなって残念な最期に(╥_╥)

足利尊氏VS楠木正成

2020年4月15日(水)、NHK「歴史秘話ヒストリア」では”楠木正成 巨大な敵に勝つ方法”が放送されていました。

楠木正成が強大な敵鎌倉幕府を倒すことができたのはなぜか?

正成像

出典:NHK

足利尊氏にも勝利した楠木正成の強さの秘密について、大阪の千早赤阪村に残る痕跡や研究者の語る人物像など最新研究で迫っていました。

わたしも、小学生の時から一番好きな武将で、今でも好きですが、楠木正成生き方は後世の日本人が美徳にし過ぎたのではと最近思うときがあります。

楠木正成の生涯をこの番組に沿って紹介します。
<Sponserd Link>



楠木正成、先見の明がない天皇の保身に義を貫いたのは残念

鎌倉幕府滅亡につながる正成の奮闘

正成が後醍醐天皇に味方した背景

1331年(元弘元年)8月、後醍醐天皇は京都笠置山で挙兵、倒幕のため正成をはじめとする周辺の武士に味方するよう声をかけました。

正成が天皇方に付いたのは名誉や忠誠心だけではなく、幕府を見限ったということもあったと考えられています。

鎌倉幕府は50年程前の蒙古襲来の恩賞を満足できるようには用意できなかったため、武士は困窮していましたが、執権の北条高時は田楽と言った踊りを好み、政治は人任せだったということが背景にあります。

挙兵

1331年9月、正成は赤坂城で挙兵します。兵は500。

赤坂城

出典:NHK

一方、幕府は赤坂城へ4万とも言われる兵を差し向けました。

赤坂城を攻める幕府軍

出典:NHK

幕府方の兵は、正成たちをみくびっており、簡単に攻略できると特に策もなく攻め込みます。

幕府軍を迎え撃つ正成

出典:NHK

正成の読み通りでした。

弓

出典:NHK

この時のために正成は弓の名手を集めていました。幕府軍の死傷者はたちまち1,000人を超えました。

正成も城から撃って出ます

出典:NHK

そこへ城の外に潜ませていた別動隊が襲い掛かります。正成も城から撃って出、幕府軍を大いに慌てさせます。

熱湯をかけられる幕府の兵

出典:NHK

城の塀を外して幕府の兵が一緒に落ちる策

出典:NHK

さらに、ひしゃくに熱湯を汲み幕府の兵に掛けたり、幕府の塀が城の塀に辿り着いたとしても一番外側の塀を外して倒したり、奇想天外な罠を次から次へ。

ゲリラ戦法

出典:NHK

正成のゲリラ戦法に幕府軍は打つ手がありませんでした。

幕府軍は兵糧攻めに作戦を切り替えます。

ちょうどその頃、後醍醐天皇は幕府軍に捕らえられ、正成軍は孤立することに。

燃える赤坂城

出典:NHK

そこで、正成は赤坂城に火をつけ、自ら落とし、討ち死にしたことに。それを見た幕府軍は正成に勝ったと思います。

敵を油断させることができました。

およそ1年が経ち、正成は千早城に姿を現します。

幕府軍は大軍で千早城を包囲し、最初から兵糧攻めを。

抜け道

出典:NHK

しかし、正成軍は全く堪えた様子がありません。実は地元の住民が山中の抜け道を使って兵糧を城に運んでいたのです。

籠城中、正成は世の中に鎌倉幕府を倒せるのではないかという雰囲気や政治的情勢の変化が必ず訪れると考えていたのいたのです。

籠城して3ヶ月、正成の奮戦と幕府に捕まっていた後醍醐天皇が隠岐の島から脱出したという情報で西日本の武士の心が反鎌倉幕府に傾くのです。

反幕府

出典:NHK

幕府軍司令官の一人足利尊氏が六波羅探題に攻め滅ぼします。さらに関東では新田義貞が鎌倉を攻撃し、北条一族と鎌倉幕府は滅びることになります。

後醍醐天皇の建武の新政が始まりました。
<Sponserd Link>



赤坂城などからわかる正成と地域民との信頼関係

楠木正成が大軍の幕府軍を打ち破ったのは彼の知略だけでなく、彼の人間味もあるということが、現存する城、神社、供養塔からわかります。

この番組で詳しい内容が。上記に動画をアップしました。

<Sponserd Link>



足利尊氏に勝利

建武の新政が始まりましたが、すぐに、戦の褒美やその後の待遇などで、倒幕に参加した武士の中に天皇への不満が高まっていきました。

貴族の方が優遇されたからでした。

足利尊氏が中心となって後醍醐天皇に背きます。そして、1336年(建武3年)12月、足利軍は京都に進撃します。

京合戦

出典:NHK

足利軍5万に対して、正成軍は1,000足らずで正成に勝ち目はないと思われた時に、

足利尊氏VS楠木正成

出典:NHK

塀に楯を連結させ、城のようにしたのです。

楯を連結

出典:NHK

そして、矢を射かけました。

多くの足利軍の兵はバタバタと負傷していき、ひるみます。

楠木軍の弓で殺される

出典:NHK

そして、敵が引けば、楯を外して、すかさず撃って出ます。

正成が考えた動く城は敵を退けました。

正成の戦死

出典:NHK

戦い自体は一進一退。そこで、新田義貞、北畠顕家、楠木正成が討ち死にしたという偽の情報を流します。

 

正成のモノとも思われる首も見つかり、さらし首にされます。

同じころ、天皇側の軍勢が一斉に都の外に逃げ出した。足利尊氏は手持ちの軍勢で追撃します。

手薄となった尊氏の陣に楠木軍が攻め込み、足利軍は九州へと落ち延びました。

 

<Sponserd Link>



正成戦死

しかし、楠木軍の武士たちが尊氏に従ってついていく光景を正成は目の当たりにします。

天皇の軍を捨てたのです。

正成は建武の新政が始まって後醍醐天皇自身の治世は続かないだろう。逆に足利尊氏の人望が高まってきている現実を冷静に見ていたと考えられます。

 

3ヶ月後、尊氏は勢力を盛り返し再び攻めてきました。

正成像

出典:NHK

正成は天皇の元に駆けつけて5年。湊川の戦で戦死することになります。

なぜ、ここで正成は先見の明を活かせなかったのか?

仕方なかったのか?

<Sponserd Link>



最期に

楠木氏は河内の豪族というイメージですが、静岡の北条家に仕える御家人が代官として派遣されているという説があります。

そうすると、番組は幕府に対抗した正成はますます先見の明があったとしています。そう思います。

 

しかし、正成の戦死後、60年弱南北朝時代が続いたのです。

この番組では日本の歴史は、小が大を制する”奇跡の勝利”で動いてきたということの内容でしたが、こういった考えもあり、身の丈を考えないで太平洋戦争に突入。その戦争で日本は大きな犠牲を生むことになってので、楠木正成のすばらしさだけをクローズアップするのではなく、なぜ、後醍醐天皇天皇に義を貫かなくてはいけなかったかを考えるべきではないかと思うところもあります。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK