フィリピン海プレートの動きが東から北に変わり、火山島の連続衝突の奇跡が起きた!結果、関東平野が誕生。

火山島の列

NHK「列島誕生 ジオ・ジャパン」”第1集”奇跡の島はこうして生まれた”では、最新研究により日本列島は大陸から引きちぎられ(第1の大事件)て誕生したことが解明されたことが放送されていました。

誕生したと言っても、1500万年前は、まだ東日本と西日本を隔てる海峡があり、陸続きではなかったのです。

和久田麻由子さん

出典:NHK

和久田さんが「当たるが端だが役に立つ」がキーワードとさわやかにおっしゃってましたが、この第2の大事件が起こったから関東平野ができたということなんです。そういう意味で役にたったということなのですが、では、どんな大事件だったのかを紹介します。

<Sponserd Link>



火山島の連続衝突で日本列島の西日本の端に陸地ができた!

富士山を取り巻く南関東の山々と孀婦岩(そうふがん)にはつながりがある

実は、富士山を取り巻く南関東の山々と伊豆諸島の最南端に位置する 東京の南約650kmの孀婦岩(高さ100m、東西84m、南北56m)にはつながりがあるというのです。

富士山を囲む山々と孀婦岩の関係

出典:NHK

丹沢山地での調査によってつながりがわかってきます。

丹沢山地は南の火山島だった!

丹沢山地

出典:NHK

その手掛かりは、神奈川県の丹沢山地のある意外なものでした。

枕状溶岩

出典:NHK

丹沢山地の山の中に海底噴火でできる枕状溶岩があるのです。

枕状溶岩とは、海中で溶岩が水に触れ、急速に冷やされ、丸い枕のような形になった岩。

サンゴの化石

出典:NHK

オウムガイの化石

出典:NHK

さらに、サンゴの化石やオウムガイの化石もみつかりました。どちらも海の生き物です。

はるか南の伊豆や小笠原の島々にあるものと同じものが標高400mにもなる丹沢山地にあったのです。

丹沢も南の海の火山島だった

出典:NHK

ということで、丹沢山地は、海から隆起した元々南の火山島だったということがわかったのです。

火山島の先にあるのが孀婦岩

御蔵島

出典:NHK

この南方の海になる御蔵島などの火山島たちは、海中から見ると、広大な裾野を持つ巨大な海底火山なのです。

孀婦岩

出典:NHK

孀婦岩を海中から見たもの

出典:NHK

東京から南に650Kmにある海に浮かぶ高さ100mもの奇岩、孀婦岩も実は海の底から1,200mも盛り上がった巨大な火山の先が海面から出ているものだったのです。

伊豆の火山島は関東に一直線上にある

出典:NHK

そして、これら伊豆の火山島は関東の方に向かって一直線に並んでいます。

<Sponserd Link>



奇跡的!フィリピン海プレートの東移動が止まって北にちょうど、この位置に

この一直線の火山島の列は元々、今の場所にあったわけではありません。

2500万年前、火山島の列は今の沖縄の方に伸びていた

出典:NHK

2,500万年前には今の沖縄の方に並んでいたのです。

太平洋プレートによる大陸の引きちぎりがはじまる

出典:NHK

この頃、太平洋プレートによる大陸の引きちぎりがはじまりました。

同時に火山島をのせたフィリピン海プレートも東に引っ張られて行きました。

火山島も北に向かうことになった

出典:NHK

日本列島が現在の位置に定まる頃、1,500万年前、フィリピン海プレートの東への動きも止まり、火山島は北に向かって並ぶことになりました。

プレートが北に向かうように

出典:NHK

その直後、フィリピン海プレートが北に向かって動き出したのです。プレートの進む向きも北、火山島の列の向きも北、この奇跡のような偶然の一致によって火山島は同じ場所は連続的に衝突していいきました。

地球史上まれな火山島の連続衝突が日本列島で起こったのです。

ちょうど火山島が次々と西日本と東日本の間へと向かって行き、500万年ほど前までに、丹沢山地の元となる島々が衝突、島の周囲のサンゴ礁も海底の溶岩も陸地の高いところへ押し上げられていきます。

<Sponserd Link>



最後に

時系列でいくと、櫛型産地ができ、次に御坂山地ができ、続いて丹沢山地、最後の衝突で伊豆半島ができたのです。

最後の衝突で伊豆半島ができた

出典:NHK

そして、火山島が連続衝突してできた山々から大量の土砂が流れ出し、二本に分かれていた日本の間の海を埋め、今の関東平野の元となったのです。

こうやって、500万年前に日本列島が1本になったのです。

500万年前の日本列島

出典:NHK

次は第3の大事件。

紀伊半島で起こった地球最大規模の火山の噴火などについてですが、この事件で日本列島がどのように今の形に近づいていったのか、それは次の記事にて紹介します。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK