マイクロプラスチックが内蔵に残った貝などが食卓に! プラスチック消費大国、日本での実態と対策について。

プラスティックが体内に残ったままのクジラの死骸のオブジェinフィリピン

1909年に初めて人工的(植物以外の材料から)合成されたプラスチックが使われてから約100年になりました。プラスチックは第二次世界大戦後に普及し始め、1960年以降大量生産され衣料や生活環境へ浸透していきました。

1965年以降、高度経済成長期、重化学工業化のためにの日本の海は工場排水で汚染され、重くて大きい公害が発生しておりましたが、近年は水質改善の成果が多く報告されていました。

しかし、実は目に見えないところに、プラスチックゴミが・・・

例をあげますと、東京湾のムール貝21体全ての個体からや

マイクロプラスティックin東京

出典:テレビ東京 番組表

カタクチイワシの8割の体内からマイクロプラスチックがみつかってます。

マイクロプラスティックin東京湾カタクチイワシ

出典:テレビ東京 番組表

海を汚染するプラスチックゴミは日本だけでなく世界的な問題となってますが、日本での実態についてご紹介したいと思います。

<Sponserd Link>



マイクロプラスチックごみの影響

生態系への影響

誤食の例

2018年5月、タイの運河で衰弱したゴンドウクジラが発見され、エサが食べられず、発見して5日後に亡くなりました。そのゴンドウクジラの胃の中からは80枚のレジ袋など、8Kg近いプラスチックゴミが出てきました。これが胃に詰まり、エサを食べられなかったとみられます。

ゴンドウクジラの胃の中にあったビニール等のゴミ

出典:ナショナルジオフィック

2018年2月、スペインの海岸に打ち上げられて死んだマッコウクジラの胃の中から約30kg弱のプラスチックゴミなどがみつかりました。死因は腹部の感染症である腹膜炎と診断された。飲み込んだごみを消化できず、消化器が破裂したと思われます。

スペイン海岸に死体で打ち上げられたマッコウクジラ

出典:CNN

また、ウミガメはビニール袋(ポリ袋)をクラゲと間違えて食べています。

 

人への影響

プラスチックは固体の油なので、海の中で油になじみやすい汚染物質がどんどん吸着していきます。

ごみとなったプラスチックは野生生物を窒息死させるほか、食物連鎖に入り込んで海洋生物を有害物質で汚染させ、人間の食卓にも到達します。

量が増えると有害化学物質も増えていきますので、人体に問題になる可能性も大きいと考えられています。

「プラスチック消費大国」日本での対応

改正海岸漂着物処理推進法が、2018年6月15日の参院本会議で全会一致で可決されました。

改正内容は、主に化粧品や洗顔料、歯磨き粉などに含まれる”マイクロビーズ”を想定した微細なプラスチック”マイクロプラスチック”の使用を抑えるよう企業に努力義務を課すことになりました。

一方、企業側の例として、男性化粧品では国内トップシェアメーカーマンダムではマイクロビーズの代替として一部商品を除いて炭化水素ワックス(生分解性に優れてる)に切り替えております。

製品開発室の方は規制は世界的な動きと実感しており、環境への配慮は商品価値のひとつととらえているということで、今後は環境にやさしく機能性に優れた素材を探索し、製品化につなげていく考えです。

ということで、前進してることは確かです。

追記、国会での法律化や企業の努力がなされている一方、ブラック廃棄業者のプラゴミの不法投棄や輸出は現実なくなっていません。
2019年に日本など先進国のプラゴミがマレーシアに不法輸出されていることが。この事実について「マレーシアで日本のプラごみの不法輸出発覚!資源ごみに分別していた私たちは、今後どうすればいいの?」にアップ済です。よろしければ。

<Sponserd Link>



最後に

世界経済フォーラムによると、海上を漂流するプラスチックごみは既に約1億5,000万トンに達している。これに加えて、毎年800万トンが海洋に投棄されており、海のごみの70%は生物分解できないプラスチックやビニールが占め、その量は今後10年で3倍に増える見通しとのことです。

引用:CNNより

欧米ではマーガリンなどトランス脂肪酸を多く含む食品はプラスチックに似ているから危険とされて制限がありますが、このままだと、日本人が好む魚介類はマーガリン以上の危険な食べ物になっていくのではないかと・・・

と言ってもわたし自身がコンビニなどで買い物すると、使い捨てプラスチックの食べ物を買わざるを得ず、そう考えるとやはり各企業努力が必要と思いますので、改正海岸漂着物処理推進法は全会一致で可決されたことは喜ばしいことです。

先日、株式会社TBMで開発・製造・販売されているLIMEXという素材が紙やプラスチックの代替となるという紹介をさせて頂きましたが、このLIMEXが世界中に普及することを期待してます。

ちなみに2015年のNHK「クローズアップ現代」の“海に漂う見えないゴミ”~マイクロプラスチックの脅威~はさらにもっと状況を知りたい方はわかりやすいのでおすすめします。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK