広島県の呉が東洋一の軍港になって史上最大の戦艦大和を造った理由がわかった!

世界最大の戦艦大和

2021年1月23日(土)NHK「ブラタモリ」は”呉~“戦艦大和のふるさと”呉はどうできた?~”でした。

旧海軍最大の軍港呉

出典:NHK

瀬戸内海に面した広島県呉市は、かつては東洋一の海軍最大の軍港があった港町で、今は海上自衛隊の基地も置かれる人口22万の都市。

呉と言えば世界最大の戦艦大和(完成からわずか4年でと沈没した悲劇の船)です。

海軍が来る前は1万余りの人口だった呉は、どうして世界最大の戦艦が作られるほどの大きな軍港になったのか?

タモリさんが案内を受けながらその理由がわかってきます。

<Sponserd Link>



呉は日本にこれ以上ない軍港に適した場所だった

世界最大の戦艦大和はどんな船だったのか?どうやって造られたのか?

大和ミュージアムで

タモリさん、まずは年間90万人が訪れる大和ミュージアムに。

10分の1サイズの戦艦大和

出典:NHK

10分の1のサイズの戦艦大和が!

10分の1で26.3mです。

タモリさん「模型レベルじゃない」と。

戦艦大和の大きさ

出典:NHK

戦艦大和は全長263m、排気量65,000tと史上最大の戦艦で、見た人が”山のようだ”と驚くほどの大きさだったのです。

大和の主砲は、撃つとマラソン1回分(約42km)を約90秒で到達するほどの威力なのです。

大和の大きさを実感できる場所

大和ミュージアムから移動し、実際に大和が製造された旧海軍の軍需工場(艦船・兵器などを製造)である海軍工廠のあった場所へ。

大和の大きさを実感する場所へ

出典:NHK

現在工場(三菱パワー株式会社、現在は発電所のボイラーなどを製造)なのですが、そこに大和の大きさが実感できる物があるということ。

海軍の頃からある工場をそのまま使っている建屋

出典:NHK

海軍の頃からある工場をそのまま使っている建屋に入りました。

海軍工廠の頃からあるクレーン

出典:NHK

そこには海軍工廠の頃から今も現役で働いているクレーンが。

巨大な穴

出典:NHK

そして、極めつけは巨大な穴が!

この穴は大和のある重要な部分を造るために掘られたのですが、何を造ったのでしょうか?

タモリさん「主砲の台座とか?」で一発正解。

ピットの大きさ

出典:NHK

ピットと呼ばれるこの巨大な穴は直径18m、深さは21mもあります。

主砲の台座

出典:NHK

直径が大きいのはわかりますが、21mもの深さが必要だった理由は?

主砲の台座の模型

出典:NHK

実は、主砲の台座は、180発もの大きな砲弾を格納するために高さ約20mが必要だったからなのです。

主砲の台座全体の重量は2,780tもありますので、このピットで造り、動作確認、問題なければいったん組み立てを外したものをクレーンで船に載せて、造船所で再度組み立てたのということなのです。

大和の主砲の場所

出典:NHK

大和はこの大きな台座を前に2基、後ろに1基の計3基も載せていたのです。

この1基のスゴさについておもしろい記事を見つけました。「戦艦「大和」の3連装砲塔は「駆逐艦1隻」より重い!この巨大砲塔を動かす意外な力とは」、よろしければ。

大きさのすさまじさが容易く想像できますよね。

<Sponserd Link>



呉が東洋一の軍港になった理由は高台から見ることでわかる

灰ヶ峰(737m)からみた呉の街

灰ヶ峰へ

出典:NHK

次にブラタモリ一行が向かったのは、呉の町が見渡せる737mの灰ヶ峰。

そして、灰ヶ峰から見ると、呉が軍港に適していたことがわかりやすいのです。

灰ヶ峰からみた呉の街

出典:NHK

山並みが見えるところが四国、右手の方に大きく広がっているのが広島市と一望できます。

地形的すごく良い港

出典:NHK

前は島が堤防の代わりになってて、しかも後ろは山で囲まれていて、波静かで風もない天然の良港なのです。

瀬戸内海の島々が大切な役割をしていました。

呉を攻めるルート

出典:NHK

呉を攻めるにはその島々のおかげで狭いところしかないので、広島湾をくるっと廻って到達するルートしかないということなのです。

水道には砲台が多く設置

出典:NHK

そして、呉に来るまでのルートの細い水道には砲台が備えられており、とても守りが固い港だったのです。

ところで、この瀬戸内海の島並が出来たのは約20年前なんですね。どうやってできたかは「瀬戸内海はプレートの圧力で中央構造線でずれ、太平洋を塞き止めてた鳴門海峡海辺りから水が注入し誕生!」で分かります。ご興味がございましたらご一読を。

呉港は他3軍港と異なる特別な役割をもっていた

呉に軍港が置かれたのは明治時代の半ば、欧米の列強に対抗するため全国に4つの軍港が設置され、それぞれに役割が与えられました。

明治半ばの4つの軍港

出典:NHK

横須賀は東京に近いので総合的な司令所と対太平洋、舞鶴は対日本海で佐世保は対東シナ海。

呉ほど囲まれている港はなく、他の港になかった特別な役割が与えられていました。

鉄

出典:NHK

呉には製鋼部と呼ばれる軍艦用の鉄を作る部署があったからなのです。

鉄を造り、船を造り、兵器を造り、海軍全体を内海において支えていく存在だったのです。

旧海軍は守りに優れた地形に目を付けて、製造の拠点となる軍港を呉にいおくことにしたのです。

軍の基地や町を創っていくために呉の平地がちょうどよかったから

呉では江戸時代の後期から明治の初頭にかけて干拓と埋め立てを繰り返していって、塩に強い作物を作っていたのです。ちょうど海軍が軍港をどこに置くか考えていた時

線より海側は干拓された土地

出典:NHK

軍港の候補地を探しに来た海軍の担当者は「呉湾を除きて他になし」という言葉を残しています。

東洋一の軍港

出典:NHK

小さな港町だった呉は30年で東洋一の軍港にまで成長するのです。

<Sponserd Link>



最後に

戦前の呉市の人口推移

出典:NHK

呉は軍港になる前は人口1万人余りだったのですが、1940年代、軍港になって30年で人口40万人を突破するの大都市になっていたのです。

住む場所が不足した呉は山の上に住宅が出来ていって、今の呉の町となったのです。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK