外出自粛のストレスぐらいで他人を蔑む人、”自然は平等、僕ら命もらってることも平等なのに、環境ちゃう”とこで生きている人の辛抱強さを見てほしい。

幸せだと思える瞬間なんてない

外出自粛のため、2019年7月15日に放送されたテレビ東京「ウルトラハイパーハードボイルドグルメリポート」の”ケニア共和国スカベンジャー飯”、3回目を視聴。

スカベンジャー

出典:テレビ東京

「コロナ対策の1,2ヶ月の外出の自粛ぐらいで、ギスギスしているわたしたちは辛抱が足りないな」と思うと、番組を観た後の小藪さんと、有吉さんの感想の言葉を思い出します。

小藪さんと有吉さんが観てた放送内容、そしてその感想を紹介します。

<Sponserd Link>



飯から世界が見えてくる ケニア巨大ゴミ山飯

首都ナイロビでの飯

ケニア共和国の人は口約5,000万人。観光客の大部分は野生動物を見に訪れる国で、首都ナイロビはアフリカでもっとも急激に成長している都市です。住民の平均月収約6万円になります。

まずはナイロビで腹ごしらえをすることに。

そこで見つけたのが、アフリカンソーセージ(中辛)5切100円と牛とヤギの頭のスープが100円。

 

 

牛とヤギの頭のスープ、濃厚ですごく、おいしいそうです。
<Sponserd Link>



ナイロビ中のゴミが捨てられるダンドラ地区での飯

翌日、ケニア最大のゴミ山に向かいます。

そこでは子どもたちが毎日の生活のためにものを拾って、食事もその場所で簡単なものを作って食べるなどしており、ゴミ山で暮らす人が何を食べているのかを見るために。

結構危ない場所で人殺しのニュースが頻繁にあるということ。

ゴミ処理場のギャング抗争で銃撃戦

出典:テレビ東京

ギャング抗争の状況

出典:テレビ東京

ゴミの利権争いで、武装したギャングが戦っているが、警察は遠くから見ているだけという危険な場所。

ダンドラ ごみ処分場

出典:テレビ東京

目指すダンドラ ゴミ処分場は東京ドーム5.3個分の面積で、ナイロビ最大のゴミ処分場。1日に約850トンのゴミが運ばれてきます。

3,000人以上がゴミを漁り生活の糧を得ています。

腐ったものしか食べないコウノトリ

出典:テレビ東京

ものすごい数の大きな鳥が。

コウノトリということ。

ぶら下がって袋の中に酸が入っている

出典:テレビ東京

この種のコウノトリは腐ったものしか食べなないということ。びらさがってる袋の中に酸が入っていおり、食べながら酸をつけて腹を壊さないようにしているのです。

盗まれたゴミ山の門番煮込み

門番が料理しているので、食事を見せてもらいました。

牛肉の余り肉煮込み

出典:テレビ東京

牛肉、足や脳みそなどを煮込んだもの。牛肉の余り肉煮込み100円

 

歯があまりないので、あと1時間ほど煮込まないと食べられないということで、時間があるから案内してくれました。

しかし、戻ったら、食事盗まれており、責任を感じたディレクターは彼に食事をシェアすることに。

 

彼は元々靴の修理をしていのだが、オーナーからミシンを取り上げられ、今の場所に辿り着いたということ。

子どもが2人いるが、叔母さんの家で暮らしているということ。

こんな劣悪な環境では子どもたちは暮らせないと。

この先どうなるか

出典:テレビ東京

子どもたちと過ごすことだけが幸せなのに、ずっと会えてない。それに自分のこれからだってどうなるかわからない。幸せだと思える瞬間なんてないよと。

ゴミ山汚染豚

ゴミをエサに飼われているダンドラの豚の血中鉛濃度は一般の豚の35倍なのですが、ゴミ山のすぐ外で焼いて食べているということ。

 

汚染なんてないと食事を作る男性ですが。

ゴミ山で生きる18歳の赤飯

翌朝8時、ゴミ山のもっと奥で暮らすスカベンジャーの食事を見に。

14歳から暮らしている18歳のジョセフという男の子を見つけて話しかけます。

食事を見せてもいいと言ってくれた彼ですが、その前に仕事が。

足元はガラスの破片だらけで、治安も環境も最悪な場所で4年、なぜ、彼はここに辿り着いたのか?

彼は一言「食べ物を探しに来た」と。

両親は貧しいから一緒に住めないということです。

 

ゴミ山のプラスチックと金属を拾い集めること1時間後、政府のゴミ収集車のトラックに乗り込んで出発します。

彼等はゴミの収集を手伝うことで、ゴミ山に来る前のプラスチックと金属を回収して売ることができるのです。

 

トラックでナイロビの街の中に入って行くと、彼らにとってのお金持ちがたくさん歩いています。

お金持ちじゃないと貧乏人は救えない

出典:テレビ東京

そこで、ディレクターから「お金持ちをどう思う?」訊かれ、彼は「お金持ちを一方では好きだけど、一方では嫌い」「お金持ちは人を助けてくれない」「貧しい人を救わなきゃダメなのに」「けど、お金持ちじゃないと貧乏人を救えない」

 

ジョセフには妹が2人、弟が3人いて、5人は遠くで一緒に暮らしているということ。でしたが、家族のことについては多くを話したがりませんでした。

朝昼抜きで午後、ゴミ回収が終了。集めたゴミを売りに行きます。

1日の稼ぎ90円

出典:テレビ東京

6.5Kgのゴミを集めて90円です。

小藪さん「そうか、スープ1杯も無理ですね」と。

飯の準備に火おこし。クッションの中綿を使うとよく燃えるみたいですが、どうやらアスベストらしい。

ジョセフは仕事中胸をやられてると咳き込んでいました。

ゴミ山で火をおこすジョセフ、その後ろにはきれいな虹

出典:テレビ東京

小藪さん「そりゃ、器官やられるわ~」と。

ジョセフ「雨で打たれた後は身体を温めないと」「胸が痛くなっちゃうから」と。

 

火おこし後、ジョセフは水と食材を買いに。

水とお米、煮豆を買ってきました。水は20ℓで10円、米と煮豆で70円です。

ゴミ山のお赤飯

出典:テレビ東京

この1週間後、ダンドラエリアの数か所で連続強盗事件が発生し、多数の被害者が出ました。

腹と背をナイフで刺された

出典:テレビ東京

ジョセフはも巻き込まれ、腹と背をナイフで刺された。

絶句の小藪さんと有吉さん

出典:テレビ東京

運よく病院に運ばれ、翌日にはゴミ山に帰ったということ。

<Sponserd Link>



最後に

以下は”ケニア共和国スカベンジャー飯”など、番組全部を観た小藪さんと有吉さんの感想です。

小藪さん「ホントにみんな、優しかったですね」

有吉さん「ホントに優しいんですよね、何か不思議ですけど」「なんで、あんなに人に優しくできますかね?」「僕らちょっとだけですけど、番組でヒッチハイクに行ってる時も、3日くらい飯食えなかったらもう一口、一口あげるなんて考えられないっすよね」「ほんとにもう」

 

小藪さん「かなり生活が違うなって、ちょっと上から目線やったかもわかんないけど、でもなんか、パッて虹があって、虹がきれいやって思った時に、僕らもきれいと思ったんすよね」「なんか、そういう自然はすごい平等やのに、僕ら命もらってることも平等なのに、なんか環境ちゃうとか」

「あと、あのケニアの男の子が言うてました『お金持ちは半分好きやけど、半分嫌いや』と言われた時も、すごいなんか、申し訳ないなというか、考えさせられましたね」

ケニアのゴミ山の彼らは、幸せと思ってなのに、独りなのに、(希望を持ち続けて)生きていこうとするから飯を食べるということが、とても伝わってくるすばらしい番組とやはり感動しました。

腐ったものしか食べないコウノトリ

出典:テレビ東京

最後の最後に、有吉さんがコウノトリって怖いんですねと、最後は芸人として、空気を緩和させて終わらせてました。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK