ニュートンが万有引力を提唱し、アインシュタインが答えを導いた重力というものがあるから、ジャンプしても地面に戻る!で、重力とは?

重力とは?

2020年7月25日(土)NHK「チコちゃんにられる!」(2019年3月2日の再放送)で”なんでジャンプしても地面に戻ってくるの?”と。

岡村さん「重力ですよ」

なんで引き寄せられる?

出典:NHK

チコちゃん「重力とか、引力って何なの?」「なんで引っ張られるの?」

岡村さん「なんでやろね?」
<Sponserd Link>



時空のゆがみに引っ張られることで重力は生まれる

重力があるから

出典:NHK

ジャンプしても地面に戻ってくるのは重力があるからですと答える、東京大学・カブリ数物連携宇宙研究機構の機構長大栗博司さん。

重力とは誰でも持っているのですが、まだ謎に包まれた力なあのです。
<Sponserd Link>



万有引力の法則、アイザック・ニュートンが提唱

1687年「自然哲学の数学的諸原理(アイザック・ニュートン著)」に、全ての物体は重力を持っているという万有引力の法則を解いてます。

ニュートン

出典:NHK

地球もりんごもお互いに引っ張り合ってる

出典:NHK

地球もりんごもお互いに引っ張り合う力をもっているということだが、重力がどのように生まれているからはわからないままでした。

<Sponserd Link>



アルバート・アインシュタインが答えを導く

アルバート・アインシュタインが答えを導きだします。

アインシュタイン

出典:NHK

物体があるだけで時空はゆがむ

出典:NHK

それは”時空のゆがみ”

重力はゆがみによって生じる

出典:NHK

物体の重さ(正確には質量)で空間や時間がゆがみ、そのゆがみに向かって引っ張れるのが重力なのです。

そして、重さ(質量)が大きい物体ほど重力が強いです。

ということで、地球の重力がとてつもなく強いから人間が他の人間や物体から引っ張られているのを感じないのです。

ちなみに人間の重力は地球の重力の0.0000000000000000000001倍と、とても小さいのです。

実は、地球の自転が原因で北極・南極と赤道付近で体重は変わる

北極・南極と赤道付近で体重は変わる

出典:NHK

北極・南極で体重が50kgの人は赤道付近で測ると150gほど軽くなるのです。

遠心力も重量に関係する

出典:NHK

回転する物体の表面には遠心力、外側に引っ張る力が生まれているのです。

重量に関わるものは重力だけではなく遠心力もあるということなのです。
<Sponserd Link>



最後に

遠心力までくると、力(=相互作用)の種類とは?と考えますよね。磁力、電力、弾性力、摩擦力、浮力などがあります。

そうすると、運動量保存の法則とは?と考えてしまいますよね。

そうすると、エネルギー保存の法則とは?も。

エネルギーが、ある形態から他の形態へ変換する前後で、エネルギーの総量は常に一定不変であるという法則。 高所にある物体は落下によって位置エネルギーが減少するが、運動エネルギーを得て、その和は常に一定であり続けるということです。

わたしたちは動かないとその力を感じないのですが、常に生じてることに驚きですね。自分が感じてるものが全てではないということですね。

そうすると、気圧も考えないとですね。ちなみに、気圧については驚愕!頭には普段からお相撲さんばりのトータル約200kgの空気が乗ってるって!?にて読むとわかりやすいかもしれません。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK