圧力なべを使うと調理時間が短くなる理由は気圧と蒸気圧の関係で沸点が高く(約120℃)なるからだった。

圧力鍋で調理時間が短くなる理由は?

「教科書なんて役に立たない」と思っている人の考えを覆す“教科書クイズバラエティ”、NHK「世界は教科書でできている」の1回目が2020年8月19日再放送されてました。

教科書なんて役に立たない

出典:NHK

「塩サケを上手に塩抜きする方法は?」

「なぜ100度のサウナでヤケドしないの?」

「温泉で髪を洗うとギシギシになるのはなぜ?」

などは実は教科書で教わっていることなんです。

圧力鍋の原理は教科書に書いてある

出典:NHK

今回記事にするのは圧力鍋の原理について。

「圧力鍋を使うと調理時間が短くなるのはなぜ?」の答えは理科の教科書で習う知識があればわかるということなのです。

正解率40%

出典:NHK

実際に番組で、この質問を合羽橋にいた料理好き50人に確認したところ、正解率は40%でしたので、使い方はわかっていても、仕組みはわからないという方が結構多いかもということ。

<Sponserd Link>



圧力鍋の仕組みは?

沸点が上昇して高温で調理できるから調理時間が短くなる

本来水は100℃で沸騰しますが、圧力がかかった状態になると水は100℃では沸騰しなくなるのです。

圧力が変わると沸点も変わる

出典:NHK

普通の鍋なら水蒸気は外に逃げますが、

圧力鍋では水蒸気は外に逃げない

出典:NHK

圧力鍋は密閉されていて水蒸気は外に逃げません。

水蒸気がパンパンで圧力が高くなる

出典:NHK

鍋の中は水蒸気でパンパンになり圧力が高くなります。

圧力鍋では120℃で沸騰

出典:NHK

圧力がかかってない状態だと100℃で沸騰する水が、圧力が高くなっている圧力鍋では沸騰する温度がおよそ120℃にまで上昇します。

鍋の中の水蒸気も高温になるので、食材に火が通りやすくなるのです。

サツマイモの場合10分でできる

出典:NHK

サツマイモは蒸し器では約30分かかるのですが、圧力鍋だと約10分。

沸点が上昇して高温で調理できるからということなのです。

<Sponserd Link>



沸騰、沸点とは

沸騰とは液体がその内部で気化する現象です。

沸とうが起こるときの温度である沸点に達することで、液体の表面だけでなく、内部でも液体から気体に変わろうとする現象が起こることをいいます。

ちなみに、表面で気化するのことは蒸発と言います。

外気圧と蒸気圧が同じになった時に沸とうは始まります。

蒸気圧とは同物質の気体と液体(水の場合は水と水蒸気ということ)が共存している時、気体が押す圧力のことです。

温度が高くなるにつれて、気体に変わろうとする分子が増えるので蒸気圧は大きくなります。

通常私たちが暮らしているところでは、気圧は1気圧、1013.25hpa(ヘクトパスカル)なので、蒸気圧がこの数値になれば沸騰するということです。

<Sponserd Link>



最後に

高い山の上だと気圧が低いので水の沸点が100℃以下になってしまい、お米を炊くとうまく炊けません。

高低差による気圧の差

出典:b-lab

ということは、高い山で圧力鍋を使えば、うまく炊けるかもしれませんね。

が、燃料がもったいないですし、重くて山登りに差し支えちゃいますからね。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK