朗報! 痛くない、被曝がない、高精度の乳がん検査装置マイクロ波マンモグラフィが2021年秋冬には世に。

マイクロ波マンモグラフィでの乳房の検査方法

2019年12月14日(土)「この国の行く末2」は神戸大学教授工学博士で、株式会社インテグラジオメトリーサイエンスCSO木村健次郎さん。

波動散乱の逆問題

出典:BSフジ

応用数学の未解決問題だった「波動拡散の逆問題」の解析解の導出に世界で初めて成功し、理論を確率し、今回はその解析理論を元に作り上げられたマイクロ波マンモグラフィはこれまでの乳がん検査時の問題点を一挙に解決し、早期発見に大きく役立つということで、一躍注目されている方です。

マイクロ波マンモグラフィについて、安心して乳がん検診を受けられるようになるために、ぜひ当該記事をご一読ください。
<Sponserd Link>



マイクロ波マンモグラフィは木村教授の世界初偉業によるもの

現在、主流の乳がん検査 X線マンモグラフィ

年間167万人に乳がんがみつかり、52万人の方が亡くなっています。正確に早期発見することが重要なのですが、現在主流になっている乳がん検診は40%程度しか受けられてないのです。

X線マンモグラフィの仕組み

出典:BSフジ

その主流であるX線マンモグラフィは骨などを見る技術を使って乳がんを見えるように置き換えたもので、密度の差を明確にしないとみつけることができないので乳房を圧縮しないといけず、痛いので敬遠されているのが現状です。

では、検診を受けたら確実に見つかるかというとそこも難しく、圧迫して撮影するので再現性にも問題があります。

というのは、がんが見えにくい脂肪性乳房と見えにくいタイプの高濃度乳房があり、高濃度乳房の場合は乳房全体が白濁して見えるため、がんだと非常にわかりづらいのです。

X線マンモグラフィで撮影された脂肪性乳房

出典:BSフジ

日本の50歳以下の女性のおよそ8割がこの高濃度乳房なのです。

X線マンモグラフィで撮影された高濃度乳房

出典:BSフジ

白く見えるのは、密度が高いコラーゲン繊維覆われている乳房(X線を通しにくい乳腺が多い)はX線がそこで遮断されると、全体に白く見え、がんの患部がみつけにくいということなのです。

マイクロ波マンモグラフィでは3D画像ではっきりとわかるのです。

マイクロ波マンモグラフィでの3D画像

出典:NHK

がんの位置が解るため手術領域の指定も可能なのです。

痛くないマンモグラフィ、マイクロ波マンモグラフィ

乳房の圧迫が必要ない理由、マイクロ波マンモグラフィの仕組み

非常に高い周波数のマイクロ波を最先端の半導体から発生させ、入病の上で滑らせてマイクロ波を放射させ、がんがあるところから反射があるのでわかります。

マイクロ波は乳房の9割を占める脂肪組織は通過するが、血管や細胞が密集する乳がんの部分に当たると他の部分より水分が多いため跳ね返ります。

跳ね返ったマイクロ波を乳房全体で計測し、そのデータを元に乳がんの有無や位置がわかるのです。

マイクロ波なので被曝のおそれがない

X線のように被曝することがないので、妊娠中や授乳期でも検査を受けることが可能なのです。

妊娠中や授乳期も検査可能なマイクロ波マンモグラフィ

出典:BSフジ

被曝というのは、X線のような高速な電磁波が万が一、遺伝子に当たった時に突然変異をおこしてしまうことですが、マイクロ波は紫外線より遅いので被曝することはないのです。

ちなみに、紫外線の速さで、肌までの到達です。
<Sponserd Link>



マイクロ波マンモグラフィの現状

大阪府堺市にあるレディースクリニックやぎの八木院長。

35歳以下の方は高濃度乳房の方がほとんどで、X線マンモグラフィに限界を感じていたので、マイクロ波マンモグラフィに積極的に参加しているそうです。

実際に検査を受けた方は「全然痛くなく、指で触るぐらいであっという間に終わった感じで、乳がん検診がカジュアルになると思います」と。

2020年に治験を開始し、2021年後半には実用化を目指すということです。
<Sponserd Link>



最後に

番組でSBIホールディングス代表取締役社長CEO北尾さんが木村教授のことを「やっっぱり先生天才だわ」とおっしゃってました。確かにと思う話が下記動画でされています。

 

マイクロ波は乳がん検査に有効なことは知られていたのですが、がんに当たると散乱するため正確に計測できても、結果から逆算し、形や大きさを導き出すのは不可能とされてきたのです。(波動散乱の逆問題)

波動散乱の逆問題を解いた式の一部

出典:BSフジ

応用数学の世界では解決不可能と言われたこの難問を応用物理学専門の木村教授が10年かけて解いたことに、数学者達は大いにくやしがったということです。

以前、NHK「あさイチ」でX線マンモグラフィを痛くないように受ける方法があるということで記事(「血液検査の注射とマンモグラフィーの痛いを抑えるスゴ技があるんだって、いいね!」)にしましたが数年後には気にしないで受診できるのは嬉しい限りです。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK