中島イシレリ、アスリートでの企業タイアップだけでなく、トンガで育まれた可愛すぎる素直な性格で多くの番組に引っ張りだこ! 

フワちゃんと中島イシレリさん

2020年7月7日、森永乳業新商品「PROP プロテインヨーグルト」が発売されました。

タイアップは2019年ラグビーワールドカップ日本代表の中島イシレリさん。

応援メッセージの動画の最後は中島イシレリさんの口癖「yeaboii‼」でらしさを出してます。

 

近年、たんぱく質市場は右肩上がりで成長を続け、2019年は2016年比で約130%の市場規模となり、今後も拡大の傾向は続くと予測されており、プロテインヨーグルトはアスリートの中島イシレリさんで、一方アイスバー「明治TANPACT」には田中みな実さんとそれぞれの企業がそれぞれの商品イメージピッタリな旬な方を起用されていると思います。

そうなんです。今、2019年ラグビーワールドカップ日本代表の中では田中史朗さんとイシレリさんが旬と言えるぐらいメディアに出ているのではないでしょうか。

そして、イシレリさんは今のような明るい感じじゃなかった過去もあるということで、まとめてみました。

中島イシレリさん、苦労してきたことに肯定感。今は引っ張りだこ。

中島イシレリさんの主なテレビ番組出演

TBS サンデージャポン 2019年11月10日

イシレリさんの好物はおでんということで、朝日奈央さんと食レポしています。

イシレリさんさらに認知度を上げめるために、朝日さんからアドバイスを頂くことに。

特技を持つということは大事かなと、朝日さんが目と鼻に10円玉を‼

中島イシレリさん、隣で爆笑してました。

朝日さんがやりたかっただけみたいですね。

日本テレビ ウルトラマンDASH 2020年1月1日

イシレリさんがいる部屋の中にそっくりスイーツが1つあるので当てるということで、田村優さんと正月早々出演されてました。

イシレリさん登場のところで、イシレリさんのシリアスな演技に田村優さんがつい笑ってしまってましね。

 

らしくなかったんでしょうねwww

テレビ朝日 10万円でできるかな 2020年1月27日

レイザーラモンRGさんがいつものようにリーチマイケルさんに扮装で出演。

ボールを入れ役で、イシレリさんが北山さんを抱きかかえるというおもしろシーン。

TBS もしも動画グランプリ

イシレリさんが顔を変えるもしも動画。

イシレリさんが最初に選んだのはリーチ・マイケルさんモノマネのレイザーラモンRGさんになったら?という映像が流れ、イシレリさん爆笑!親戚にこんな人がいると。

次は大江裕さん泥んこ大将を歌う映像が流れ、トンガの教会にいそうと奥さんが答え、次に顔を変えるのはハリウッドザコシショウに顔を変え、またもイシレリさんは爆笑でした。

TBS 櫻井・有吉 THE夜会・90分SP 再放送 2020年4月23日

読売テレビ 特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル

 

RIKACOさんが「すごくステキな奥さまがいらっしゃるのはわかってるんだけど…体に触らせてもらってもいいですか?」とたくましい胸筋にタッチし、ハグまでしてもらい「もう死んでもいい。離れたくない」と大興奮し、中島イシレリさんも思わず顔を手で覆うなど照れまくりでした。

フジテレビ アンタッチャブルのおバカワいい映像バトルどうぶつ軍VS人間軍

“どうぶつ軍”代表の柴田英嗣と“にんげん軍”代表の山崎弘也が、動物と人間それぞれの“おバカワいい”映像を見せながらプレゼンバトルを行う番組。

動物と人間、“おバカでかわいい”のはどっちなのか!?

イシレリさんとフワちゃんの触れ合うコーナーを紹介してます。

企画では猫鍋動画作りに挑戦、イシレリさんが「CIAOちゅーる」を持って奮闘しています。

また、イシレリさん、本編ではカンガルーとの触れ合いも。素手で。

イシレリさん、パントマイムにも挑戦しています。

苦労したことで、イシレリさんの今がある

実は日本の習慣が嫌いだったが、改善でき、結果が出てきたから今の明るいイシレリさんに

日本への来日は12年前、流通経済大学ラグビー部の内山達二監督のスカウトによってトンガからラグビー特待生として来日しました。

ずっと、上下関係になじめなかったみたいです。

「先輩と後輩の関係。上下関係ね。あれが嫌いでした。後輩のアイデアを取り入れてくれない。

トンガはそういうのはない。逆に、先輩が後輩のことをちゃんと聞いてくれる。でも大学ではそうじゃなかった。

例えば、試合中に先輩がダメなプレーをしていたとしても、僕からもっとこういうプレーをしたほうがいいって言えなかった。

言っても怒られる。

言ったらケンカになるし、みんなも見ているし。

だから、できるだけ優しい言葉をかけるようにしていた。はい、分かりましたって。すごく気を使っていました」

引用:newspicks.com

 

しかし、最終学年を迎えたイシレリさん、その“上下関係”をなくすことに努め、オープンマインドの精神をもってチームをひとつにまとめ、流経大を関東リーグ初優勝へと導くことができたのです。

社会人で

NEC時代は度重なるケガに悩まされ続けました。

2015年に移籍した神戸製鋼コベルコスティーラーズでも危険なプレーで出場停止処分を受けるなど、闘争心をコントロールできず、苦労しつづけたのです。

しかし、日本で築いた家族の存在が、イシレリさんの持ち味の闘争心あふれるプレーに安定感を与え、日本代表に入ることができたのです。

まとめ

NEC時代からイシレリさんのことをずっとみてきた奥さんがサンデージャポンの放送で「自分がやってきたことへの肯定感が生まれ、胸を張ってラグビーに対してもっと積極的に前向きになったなと思います」とおっしゃってました。

で、今のイシレリさんは企業やメディアに引っ張りだこになってるのですね。

最後に、イシレリさんの「yeaboii‼」ほっこり講座がインスタグラムに動画でアップされてますので、癒されましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK