宮下草薙、「検索ちゃん」での漫才【動画あり】の宮下の実力がえげつないとオードリー若林、春日に言われ、冷静な宮下がめずらしく超喜ぶ!

宮下、すごく喜ぶ

2020年7月7日(火)テレビ東京「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」のゲストは”1周目で結果を出したから、今がある”宮下草薙とファーストサマーウイカさん。

オードリー若林さんが「まだ奥行きの一番奥まで掘らない方がいい時期」と話してましたが、結構引き出されて、奥の方の話まで大暴露してしまってました。

今回は宮下草薙の暴露話を。
<Sponserd Link>



宮下草薙さんは草薙さんのキャラを活かすために宮下さんがすごく考えている

若林さんが見た宮下草薙の漫才のえげつなさ

若林さん「『爆笑問題の検索ちゃん』のとき観てて、この若さとキャリアで無言の間で待って笑いとるって、全然かわいくねぇなと思ったもん」

腕がすごくある

出典:テレビ東京

「ここ(腕)エゲツねぇなと思って」

春日さん「確かに、確かに」

ここで、下にある動画のその時の「検索ちゃん」の宮下草薙の漫才を見てから次に進んでください。

 

若林さん、春日さんを呼び指して「思った?」「エゲツないよな、この漫才な」

宮下さん「めちゃめちゃうれしいっすね」

春日さん「『できないよ』とかなんかか言って」「本当に出来ないヤツはあんな感じじゃないからね」

若林さん「全然かわいくないコイツら」「あご引いて腹くくってからあんな間で待てるけどな」

春日さん「本当にテンパってるヤツはもっとヤバい」

若林さん「草薙がさ、ドンとパンチラインかましてさ、ボカーンと笑い取ったらさ、宮下がさ、そこ敢えてツッコまないで、客席に目線を落として、しばらく間でザワザワさせるんだよな」「また目線戻して、ポッと言って笑い取りにいく、全然かわいくない」

春日さん「普通1個ウケたら、2個3個取りに行くじゃない、こっちから」

若林さん「あそこ、すぐインテリワードで生きたくなるのを宮下は待って、ちょっと空気だすんだよな」「でも、あんま言わない方がいいんだよな」

若林さんが草薙さんに注意を受ける

出典:テレビ東京

草薙さん「まだちょっと早い」

草薙さんに怒られた若林さん

出典:テレビ東京

若林さん「怒られちゃった」

宮下、これだけで一生芸能生活続けられます

出典:テレビ東京

宮下さん「ただ、これだけで、僕は一生芸能生活続けられます」「オードリーさんのこの言葉だけで、めちゃめちゃうれしい」「こんなうれしいことはない」

若林さん「あれ腹くくってないと待てないもん」「あれ宮下えげつないな~、そでで見ていて思ったけど」「それは言っとくよ気づてるよってのは言っとく」wwww

<Sponserd Link>



宮下草薙はキャラの押し付けが今の悩み

宮下さん「いかに草薙をそのまま見せられるかをずっと考えてて」

若林さん、草薙さんを指さして「絶妙にWINSで月末の食費全部すっちゃうおじさんとか」

草薙は蛭子さん感がある

出典:テレビ東京

春日さん「そうだよ、蛭子さん感があるんだよな」「ダメなオジサン感が」

草薙さん

「そうなんです、ダメな奴が唯一のイメージ」「逆にテレビとか出て、たまに出来ちゃう時にすごい変な感じになる」

変な感じになる

出典:テレビ東京

「あと、やりたくないのをやってほしいっていうのがあるから、僕だって楽しい仕事もあるし」

「だけど、直前で『草薙さんはイヤイヤでお願いします』って言われて」

宮下さん

全てストイックなイメージにさせられる

出典:テレビ東京

「そういうことで言うと、僕は全てにおいてストイックなイメージ」「だからクイズ番組とかもストイックに取り組むし、何の興味もないことにも『そうなんですか』みたいにやらなきゃいけないときもあるんで、それは逆に僕は僕で苦痛というか」
<Sponserd Link>



まとめ

宮下さんは主に草薙さんがかわいいって言われて「草薙さんのバイオレンスな部分がおもしろいと思ってエピソードトークとかするんですが、世間の意見を聞くとおもしろいではなくかわいいになったしまっている」と。

かわいいだと意図と違う

出典:テレビ東京

確かに、番組中の話で、草薙さんは1日に(収録)2本までがギリギリで、1回3本入れられたときにマネージャー(?)の首絞めちゃったということなどの時笑ってしまいましたが、怖い話のはず。

でも、草薙さんがやってるとかわいい感じにイメージしてしまいますね。

先々、若い人たちが草薙さんのことをあまりかわいいと思わなくなった時に宮下さんのえげつない実力が発揮されそうですね。

「検索ちゃん」の宮下草薙の漫才を見て、若林さんの話を聞いてそう思うようになってきました。
<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK