うつ抜けのいしだ壱成が住み良い日本一白山市で家族3人暮らし【動画】。幸せだからこそ父・石田純一を”かわいそうなイエスマン”と。

うつの時のいしだ壱成さんは死ぬことばかり考えていた

2020年7月の「爆報THEフライデー」の”バクホウ芸能人第2の人生!!”にいしだ壱成さんが約2年ぶりにテレビに出演。

頭を剃って出演のいしだ壱成

出典:TBS

2人目の奥さんと離婚した後に今の3人目の奥さんと付き合ってる頃は髪の毛は伸ばしていたが、ハゲといじられるくらい前頭葉が薄くなっていた壱成さんでしたが、今回はスッキリとあたまを剃っていました。

しかも、ふくよかになってたので、お坊さん感が増してました。

うつ抜けで、肩ひじ張らず、無理をしない生き方といものを掴んだのかもしれません。

それは、週刊女性2020年7月13日の週刊女性PRIMEの記事で父・石田純一を”かわいそうなイエスマン”と言いながら、かばうような言い回しに表われていたのです。

前向きに動き始めたいしだ壱成さんの今をまとめました。
<Sponserd Link>



いしだ壱成、白山市に根を張って活動開始

コロナ快気祝い外出の父・石田純一に「かわいそうなイエスマン」と。

壱成さん、週刊女性PRIMEの取材で今の父・石田純一さんのことを嘆いています。

「かわいそうだと思いますね。たまに電話をくれるんです。なんてことのない内容で“元気か?”なんて聞いてきて。

元気だって答えると“こっちは元気ないんだよ”なんて言ってますが……」

~中略~

「父の奥さんが怒ってるって書かれていましたが、実際に怒っているのを電話で聞いていました。

“家に帰ってこないし、私のことは見てくれない”と。

でも、父にも付き合いがありますし、僕はわからないでもない。

合コンという感じではなくて、仕事なんだろうなと思っています。

ただ、タイミングはよくない。

応援してくれる人も多いでしょうから、退院したら“快気祝いしよう”と、当然なるだろうけど。いろいろ誤解もあるのかな、とは思います」

基本的に“イエスマン”ですから。かわいそうだなと

引用:週刊女性PRIME

石田純一さん、家族を疎かにして外との付き合いを優先することは、昔と変わらない、一度家族が大切となったと思うのですが、昔に戻ったんでしょうね。

人間、なかなか変われない。
<Sponserd Link>



伯山での暮らし

住みよいランキング日本一白山市で家族3人で暮らしぶり

いしだ壱成さんは白山市に住んで10年目、東京もここから通ってることも多かったそうです。

白山市の住みよさと石田家の生活を紹介

出典:TBS

以下の動画で幸せな石田家族の生活と白山市の住みよさを合わせて一緒に紹介されてます。

白山市で家族3人で暮らし始めた理由

2017年に出会って、翌年結婚した2人ですが、24歳のお騒がせ壱成さんとのラブラブ具合に炎上に次ぐ炎上。

殺害予告まで届いたのです。

奥さんは妊娠中で、ストレスをかけるのは良くないということで白山市に移住することに。
<Sponserd Link>



壱成さんがうつの時

さつきちゃん誕生した時の壱成さん

出典:TBS

だが、娘のさつきちゃんが生まれて半年後に壱成さんはうつ病に。

人との会話を避け、部屋から出ない生活に。

自分を責めっぱなしで、考えてたことは死ぬことばかりだったと。

奥さんは一度別れようと言ったのですが、好きだったし、元気な姿をもう一度見たいと、必死に家計を支え続けたのです。

その後1年ほど経ち、今年3月に今の家に引っ越して環境が変わり、それきっかけに次第に回復していきました。

うつが終わったって言った奥さんの言葉で本当に終わった

出典:TBS

奥さんが助けてくれて、奥さんが「終わったね」と言った時にうつは終わったんです。

 

うつ抜け3ヶ月で壱成さん始動

シェアハウス制作中

出典:TBS

築130年の古民家の空き部屋を利用し、この街を盛り上げたいと、学生たちのシェアハウス制作に取り掛かりました。

北陸の農家を盛り上げる活動

出典:TBS

北陸の農家を盛り上げる活動やYouTubeにも挑戦。

経済的にはまだ苦しいが、家族のために前を向いて必死に生きようとしています。
<Sponserd Link>



最後に

実は壱成さん、2人目の奥さんと離婚した理由が酷かった。

フジテレビ系の「良かれと思って!」では細かいルーティンを毎日奥さんに強要し、できてないと「ふざけんな!オラッ」声を荒げたそうです。

詳しくは下記YouTubeを見てみてください。

この時は今と全く違う壱成さん。この時の方が不幸な感じで映ってますよね。

満足感を得て、欲深くなっていくと、元に戻るのが人間です。今の幸せを壊さないように外の活動(仕事など)があまりうまくいかないことを願います。ほどほどに。
<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK