石田純一、娘のお受験時の反省はどこへ?お持ち帰り疑惑とコロナ後の素行もNGで世間はもう許さない!

石田さん、今までのようにはいかない

2002年4月に新型コロナウイルスによる肺炎で入院した石田純一さん。

命が助かった、医療従事者の方々に助けられただけでも御の字として、反省しなくてはいけないというのに、入院後も以前と生活が変わらないようです。

そして、8月4日発売の週刊女性が報じたのが、福岡での4泊5日でゴルフ、合コン、そして“お持ち帰り”疑惑。

66歳の大人が、今一番世間が許さないコロナ禍の浮気・不倫?

“お持ち帰りしてない”と言っても今までの石田さんの行いから世間は信じてないはず。

自分で積み上げてきたイメージなのです。

そして、そのことは世間が許してくれて、それで芸能界で恩恵を受けてきたことを忘れてるのかもしれません。



石田さん、引退した方がいいのでは。

コロナ、浮気・不倫に敏感になってる世間を刺激しすぎた石田さんの素行

最新の騒動、福岡での4泊5日でゴルフ、合コン、そして“お持ち帰り”疑惑

8月4日発売の週刊女性が報じたのが、福岡での4泊5日でゴルフ、合コン、そして“お持ち帰り”疑惑です。

そんな中で8月4日発売の週刊女性が報じたのが、福岡での4泊5日でゴルフ、合コン、そして“お持ち帰り”疑惑だ。

記事によれば、福岡にいるスポンサー企業の社長の元を訪れ、ゴルフや合コンに興じたとか。しかも、同席した20代女性を自身が滞在していたホテルに一緒に消えたという。

「この記事が出る前の7月31日に放送された『直撃情報LIVE グッティ!』(フジテレビ系)では、インタビューに応じた石田氏は、妻である東尾理子から“価値観が合わない”と言われ、離婚寸前といわんばかりのピンチであることを明かしていました。そんな夫婦関係の中での不倫疑惑。石田氏本人は取材に対して真っ向から否定していましたが、こうした疑惑が出てしまうと、“危機的状況”にあると言われても仕方ないでしょうね」(芸能レポーター)

引用:FRYDAYデジタル

 

「マスコミのせいでCMが飛んだ」石田純一の“逆ギレ”が招いた

2020年6月18日、NEWSポストセブンは「石田純一、コロナ快気祝い同席者はパパ活の女王&大物の娘」という記事をアップしていましたが、その時の会話での一部が火に油を注ぐことになりました。

石田純一の快気祝い

出典:FLASH

石田さんの快気祝い飲み会について、「スポンサーへの謝罪と挨拶の会だった」と石田さんは釈明していましたが、その場にパパ活の女王が同席していたこと。

石田さん自身は把握していなかったようで、同誌からの直撃取材を受け「俺は『女性とか連れてこないで』って言いましたが、相手がスポンサーだったのでそんな強く言えないじゃないですか」「あの女性はパパ活の人?やり手ってこと?」などと答えていた。

執拗な取材の連続に立腹した石田は「あなたたちマスコミのせいでCMが飛んで、もう何千万円もいかれてますから。勘弁してください! 俺が一体なにをしたっていうんですか? 謝ったら謝ったで嘘っぱちだとか。吊し上げや集団リンチみたいですよ」と怒り心頭。

引用:アサジョ

「俺が一体何したっていうんですか?」に対して、いやいややらかしてるでしょという反応が。

「まさかの被害者的立ち位置」

「これ、本当に言ったのなら、石田純一は完全に壊れてる。不快感しかない」

「自分中心の考え方しかできないから、なぜ自分が批判されてるのか理解できないのでしょう」

「その場限りの謝罪だったか。収入減をマスコミの責任にするなんて」

石田純一よ、もう引退したら。 CMキャンセルはお前自身の身勝手かつ無責任な行動のせいで、自業自得。 それだけでなく、お前のせいで命の危険に曝された奴もいるんだよ。 それにマスコミのせいも何も、お前自身マスコミの人間だろうに」

などの批判が殺到。火に油を注ぐ形となっているのです。

石田純一の発言に対するツイート

出典:ヤフージャパン

河井克行と妻案里容疑者についての石田さんのコメント

2020年6月18日、石田さんが木曜レギュラーを務める文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」での発言。

公選法違反(買収)の疑いで検察当局に逮捕された前法相の衆院議員・河井克行容疑者と妻の参院議員・案里容疑者について。

石田さんは「ありえないですね。世間の常識からいったらこういうことこそ本当にもっとキツくというか、ええ」とバッサリ言い切ったそうなんです。

まともなことを言ってるはずが、(石田さんのことを)あまり常識があると思っていない世間。

元々「不倫は文化」の土台がある。

沖縄でゴルフ中の石田純一

出典:biglobeニュース

さらに、輪をかけて、4月10日(緊急事態宣言が出されたのは2020年4月7日)に沖縄に入り、翌日ゴルフ場で体調が悪化、12日はお店で打ち合わせし、その後新型コロナウィルスに感染していたことがわかり、宿泊した高級ホテルは臨時休業になる始末といううを引き起こした66歳にもなる石田さんが常識の話?

やはり、ざわつくのです。
<Sponserd Link>



石田純一さんは「不倫は文化」報道の翌日、すみれさんの小学校面接に行ったことを反省していない!

1996年10月、フォーカスのスクープを発端に長谷川理恵さんとの不倫についてマスコミから追及された石田さんは「文化や芸術といったものが不倫という恋愛から生まれることもある」と。

元々の石田さんの発言は「今までの文化を作ったり、良い音楽や良い文学っていうのは、そういうこと(不倫)からもできているわけだし、それが小説がすばらしければ褒めたたえられて、その人の行為は唾棄すべきものとは僕は思えないね」というものだった。

これをスポーツ紙の記者が「不倫は文化」と見出しを付けたため、石田が「不倫は文化」と発言してないのにもかかわらず発言したかのように報じられ「不倫は文化」という言葉が独り歩きしてしまったようです。

しかし、この翌日は娘すみれさんの小学校の面接だったそうです。

そこに石田さんはこの報道の事を気にしないで行って、面接官に「不倫は文化とはどういう意味ですか?」とツッコまれたそうなのです。

このことでその時の奥さん松原千明さんは切れて、離婚につながったということ。

2015年5月のフジテレビ「気まずい2人が会ってみました」で石田さんは反省してるはずなのですが、まだ同じようなことを繰り返してるのです。

「気まずい2人が会ってみました」のこの話は下のYouTube動画で見ることができます。

<Sponserd Link>



最後に

不倫は文化と言ってなくても匂わせるような言い訳をしてたこともそうですし、コロナ感染中は苦しい胸中を発してたのに退院後のあの素行、現在も子どものためにSNSを更新してないということですが、やることなすこと、感覚がズレてますよね。

お持ち帰りしてなくても、仕事の付き合いとしても、自分が感染して反省したはずの、コロナ禍でのゴルフ、合コンって、石田さんの頭の中はバブル期なのでしょうか?

そして、メディアが騒いでるのが悪いという感覚の石田さん、すみれさんのお受験の面接で失敗させたことを反省してないということにつながってることがわかってないところが非常におそろしいですね。

蓄えもあるだろうし、引退して、庶民のような生活をしてもらえれば他人の気持ちを本当にわかるようになるのではないかと思います。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK