貿易風が生み出す、カナリア諸島の風の滝・ハワイカウアイ島の月光で生まれる虹が神秘的で、超絶!!

カナリア諸島の風の滝

2020年7月20日のNHK BS「体感!グレートネイチャーSP」は”驚異の大気循環”ということで、風の絶景に注目し不可思議な風の姿を追い求め世界6ヶ所を訪ねていました。

風の絶景6ヶ所

出典:NHK

 

3ヶ所目はスペインのカナリア諸島で、雲海が山の上から滝のように風に押し出される絶景、4カ所目はハワイカウアイ島の満月前後にしか見られない夜の虹。

尾根を越えていく雲海の様子

出典:NHK

この2ヶ所とも貿易風が生み出すそれぞれ異なる神秘的な絶景です。

<Sponserd Link>



貿易風が生み出す絶景が超神秘的!

貿易風とは

貿易風とは赤道の南北で地球を一巡りして吹いている風。

1年中北東方向から海を渡って吹き付けてくる冷たい風です。

その貿易風は赤道付近の強い日差しを受けて温められた空気は上昇気流となり上空で南と北に分かれ、高緯度方向に流れて行きます。

貿易風の仕組み

出典:NHK

ところが、緯度が高くなると冷やされて30度付近で下降、今度は海面を這うように再び低緯度方向へ。

赤道付近に向かう貿易風

出典:NHK

地球の自転の影響を受けて、北半球では北東の風となって赤道付近に向かうのです。南半球では南東の風です。

その貿易風が生み出す絶景の1つ目はカナリア諸島の風の滝です。

<Sponserd Link>



カナリア諸島、風の滝

カナリア諸島

出典:NHK

スペイン本土から南に1000km、アフリカ大陸の北西沖、大小7つの島が浮かぶスペイン領カナリア諸島では貿易風が生む神秘の現象を見ることができるのです。

フエルテベントゥーラ島

出典:NHK

見ることができるのはカナリア諸島の1つフエルテベントゥーラ島。日本の小笠原諸島とほぼ同じ北緯28度に位置する南洋の島です。

2月、寒いヨーロッパの国々からやってきた観光客で賑わいます。

実は島の名前の”フエルテベントゥーラ”とはスペイン語で強い風を意味する言葉です。その名の通り風を利用したスポーツが盛んなようです。

吹き寄せる風の強さを体感できる場所があります。

風速25m/sの貿易風を体感

出典:NHK

気象学者のセルヒオ・ロドリゲスさんに案内してもらい、小さな丘の尾根を進んで行くと、風速25m/sの強烈な貿易風が。

貿易風の源流に位置するカナリア諸島

出典:NHK

北緯28度のカナリア諸島は貿易風の源流に近い島なのです。

遮るものがない洋上の島に吹き荒ぶ強い風。

貿易風の影響で曲がった大木

出典:NHK

大木も貿易風の影響で90度に曲がって育ってます。

実はこの貿易風、ある絶景へと姿を変えると言うのです。

ラパルマ島

出典:NHK

その舞台はラパルマ島。

協力してくれるのは写真家のアントニオ・カマチョさんです。

とっておきの写真を見せてくれました。

カマチョさんの風の滝の写真

出典:NHK

カマチョさん「これは貿易風が生んだ”風の滝”」

この風の滝。貿易風が何日も吹き続けないと現れない、珍しい絶景なんです。

ポッコリと大きく口を開けた地形が特徴のラパルマ島。

ラパルマ島の北東から吹く貿易風

出典:NHK

貿易風はラパルマ島の北東方向から吹いてきます。

標高1,500m付近の高さ

出典:NHK

風の滝が見られるのは、屏風のようにそびえ立つ尾根の辺り、標高1,500m付近の高さです。

尾根の辺りで雲を作る

出典:NHK

海を渡ってきた貿易風は山の斜面に吹き上がり尾根の辺りで雲を作ります。

雲海

出典:NHK

その雲は上空の高気圧に抑えられ、貿易風の雲は滞留。雲海となります。

雲は尾根から押し出される

出典:NHK

その後も何日にも渡り貿易風が吹き続けると、雲は押し出されるように、尾根を越え、風の滝となって斜面を一気に流れ下るのです。

滞在2週間後、天気は晴、強い北東の風が吹き、海から雲が集まってきています。

風の滝が出来ているということで、アントニオさんのとっておきの撮影ポイントに案内してもらいました。

標高1000mから見えた風の滝

出典:NHK

まず、案内してくれたのは標高1,000m。あの尾根を見上げるポイントです。

水平の稜線を超えて流れ下る雲

出典:NHK

太陽の光を浴びて、ひと際白く輝く雲。

水平の稜線を超えて流れ下ります。

まさに風の谷。

カメラが捉えた貿易風の姿です。

カナリア諸島、風の滝

出典:NHK

尾根を見下ろす標高1,800m。

滝の幅は、何と5,000m!

夕日が当たるカナリア諸島の風の滝

出典:NHK

大西洋の海原を吹き荒れる貿易風が創り出した荘厳なる絶景です。

<Sponserd Link>



ハワイカウアイ島、夜の虹

ハワイカウアイ島

出典:NHK

北緯22度に位置するハワイ。

ハワイに吹き込む貿易風

出典:NHK

ここに吹き込む貿易風は七色の絶景へと姿を変えるのです。

ハワイ諸島の最も北にあるカウアイ島。ここは貿易風が形作る虹の島なのです。

世界で最も雨が多く降る場所で、雨の日は1年で350日。

貿易風が運んでくる海風の水分がスクリーンとなり、カウアイ島の空に虹を浮かび上がらせるのです。

ダブルレインボー

出典:NHK

特別な虹、ダブルレインボーに出会えることも。

ダブルレインボー

出典:NHK

また、上空からでは、遮るものがないため、

サークルレインボー

出典:NHK

時に丸い虹、サークルレインボーが現れます。

実は、虹の島カウアイ島にはさらに珍しい絶景が。

満月

出典:NHK

満月の夜に姿を現すナイトレインボー。

月の光が月の光に反射してできる夜の虹。

奇跡的なすばらしい出来事の兆候

出典:NHK

それは島の人たちにとっても神秘な現象です。

昼間の虹の仕組み

出典:NHK

ナイトレインボー発生の仕組みは、お昼に見る虹と同じです。

夜の虹の仕組み

出典:NHK

日光にかわって、月光が雨粒を通過し、七色の光となるのです。

月の光は太陽に比べると45万分の1の明るさ

出典:NHK

ただし、月の光は太陽に比べると45万分の1の明るさ。そのため、ナイトレインボーは満月の前後にしか現れません。

しかも、月に雲がかかれば一巻の終わり。

十分な光量のある満月の夜の雨と晴の境目にしか現れない、貴重な風景なんです。

ナイトレインボーの撮影日、ガイドのカイルさんがこの日の月は特別だと教えてくれました。

月と地球が1年で一番近い日

出典:NHK

カイル小林さん「今日は1年で月と地球が一番近い日、夜なので、月が普通より14%大きい」「そして、実際普通より33%明るい」

1年で満月が最も輝く絶好の日ですが、雨をもたらす風の様子はどうでしょう?

典型的な貿易風の風が観測

出典:NHK

典型的な貿易風の風が観測されてました。

カウアイ島には強い貿易風が吹きつけ、雨雲が次々とやってきていました。

雨の中で光り輝く月を求め、島中を廻ります。

月がキレイに見えるところに到着したのですが、既にいい雨を降らせた雨雲は消え去った後でした。

満月が雲に隠れた

出典:NHK

その後、ちょっと降り出したのですが、今度は満月が雲に隠れてしまいました。

刻々と時間が過ぎてしまい、明け方近くに。

月が出ている

出典:NHK

やっと、月が出てることが確認できたところで、

ナイトレインボー

出典:NHK

カイルさん「丸く見えてる感じがする?」

虹が出ていました!

ナイトレインボー2

出典:NHK

これがカウアイ島の大地に架かるナイトレインボー。

貿易風が満月の光と出会い、夜の虹を出現させました。

ナイトレインボーがなぜ見えるのかについてもっと知りたい方は「【動画】ハワイで夜に虹が見える理由とは?【ナイトレインボー(ムーンボウ)】」という記事に詳しく、わかりやすく解説されてますので、よろしければ。

<Sponserd Link>



最後に

この放送では紹介されませんでしたが、貿易風が創り出した絶景にアフリカのモザンビークバザルト島のコバルトブルーと純白の砂州もあるそうです。

YouTube動画がありますので、下にアップしておきます。

https://youtu.be/jLy0Fvwvfv4

ちなみに、この放送の1ヶ所目北米グレートプレーンズの竜巻については「世界の竜巻の8割を占める北米グレートプレーンズで激烈竜巻、そして稀有の同時多発竜巻に遭遇!」、2ヶ所目南米マラカイボ湖の雷については「南米ベネズエラのマラカイボ湖では2種類の雷、そして水平に伸びる稲妻”スパイダー雷”が見れる!」で記事をアップしていますので、よろしければ。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK